スポンサーリンク




日本の宗教

幸福の科学とは|危険と言われる独特な信仰の実態

更新日:

幸福の科学とは 危険

※大講演会によって、東京ドームが信者によって埋め尽くされている様子。

 

2017年、女優・清水富美加さんが芸能活動を休止し、宗教団体に出家をすると報じられました。

この出来事は日本で大きな騒ぎとなりましたが・・・

このときに取り上げられた宗教団体が『幸福の科学』

 

週刊誌などではたびたび「カルト宗教」「洗脳」などと取り上げられています。

しかし実際にはどのような宗教なのかご存知ですか?

会員数は1,100万人以上(2009年公式発表より)とされており、日本でも大規模な宗教団体といえます。

※大分県や石川県の人口と同じくらい。市で言うとさいたま市や広島市くらい。

 

あなたのすぐ近くにも信者の方がいるかもしれません。

果たして、幸福の科学は危険な団体なのでしょうか?

クローズアップしてみましょう。

ということで、
幸福の科学とは|危険と言われる独特な信仰の実態
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

幸福の科学とは

まずは、幸福の科学はどんな宗教団体なのかを確認していきましょう。

  • 1986年に立宗
  • 大川隆法(りゅうほう)氏が総裁としてトップに立つ
  • 「エル・カンターレ信仰」を行っている
  • 宗教活動を中心に、芸能、映画、政治など幅広い活動をしている

他の宗教では聞きなれない「エル・カンターレ信仰」、そして幅広いジャンルでの活動が特徴的ですね。

 

信仰対象

信仰対象は、神々の主とされるエル・カンターレ

幸福の科学では、キリスト教で有名なイエスや哲学者ソクラテス、儒教の祖である孔子などを地上に遣わせたのがこのエル・カンターレだとされています。

 

つまりエル・カンターレとは、キリストやソクラテスなどの偉人よりも上位の存在、いわば「地球の神」とも言える存在ですね。

そして、このエル・カンターレは・・・

人々に教えを説くためにトップである大川隆法総裁として生まれているというのが、幸福の科学の考えです。

 

つまり・・・

エル・カンターレ信仰=エル・カンターレとして生まれた大川隆法総裁への信仰

という形になります。

 

教会のトップが神の化身である一神教。

・・・どっかで聴いたような話ですね。

実は大山ねずの神信仰も似たような形式です。

>>>大山ねずの神様とは|一神教ゆえの危険な実態

 

大川隆法総裁について

大川隆法総裁とは、一体どのような人物なのかをチェックしていきましょう。

1956(昭和31)年7月7日、徳島県生まれ。東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務。

86年に設立した「幸福の科学」は、現在世界100カ国以上に信者が広がる。

これまでに国内外で通算2,700回以上の説法を行い(うち英語説法100回以上)、2,300冊以上の著作を持つ。

出典:『幸福の科学』公式サイト

 

東京大学を卒業し、大手の商社に入社した超エリートでした。

社会人として勤めている時期に立宗のもととなった「霊的覚醒」が始まったとされています。

 

霊的覚醒というのは、普通の人間では計り知れないパワーが芽生えることを意味します。

大川隆法総裁の場合、空海やイエス・キリスト、ソクラテスなどと通信し、その内容を「霊言(れいげん)」としてまとめ出版していました。

 

にわかに信じがたいことではありますが・・・

こういった霊的覚醒での行動が立宗の第一歩となったのです。

 

立宗後は先にも記述したとおり「エル・カンターレ」として教えを説き続け、その説法回数は2,700回以上とされています。

(幸福の科学公式サイト情報)

 

教え

幸福の科学の教えは「霊的人生観」、「正しき心の探求」とその指針となる「四正道(よんしょうどう)」が中心となります。

 

霊的人生観

人間は天国からこの世に生まれ、この世での人生を終えれば、魂となってあの世へと旅立ちます。魂は永遠の生命を持ち、無限の成長を目指して、生まれ変わりを繰り返しています。この人生観に基づき、この世とあの世を貫く「本当の幸福」を探求します。

『幸福の科学』公式サイト

 

この世を去った後も人々の魂は生命をもち、生まれ変わりを繰り返していく。

これが基本的な考え方です。

 

仏陀が生きた古代インドの輪廻転生に通じる考え方と言えますね。

仏陀は輪廻転生の苦しみから逃れる為に悟りを開き、解脱に至りましたが・・・

 

そしてこの考えをもとに、

この世にいる間だけではなく、あの世にいった後、そして生まれ変わった後の「本当の幸福」を探求しましょう。

という教えを説いています。

 

正しき心の探求と四正道

「幸福を引き寄せる」努力をするようことが「正しき心の探求」です。

「正しき心の探求」には正しい信仰を持つことが大切であり、その指針(実践編)として四正道が定められています。

 

四正道とは、

  1. 反省
  2. 発展

この4つの教えのこと。

 

公式サイトでは、この4つについて、このように解説されています。

  1. 愛:自分から愛を与えていく
  2. 知:人生の問題を解く智慧(知恵)を得る
  3. 反省:天上界につながる心を取り戻す
  4. 発展:この地上をユートピアに

『幸福の科学』公式サイト

 

「愛」は、幸せの基本とされる『与える愛』、見返りを求めずに人を愛すること。

そうすれば天国への道が開けるというのです。

 

「知」は、物事の善悪を判断する基準を身につけ、人生の試練を乗り越えていこうというもの。

 

「反省」は、心の汚れを取り除いて清い心になり、(仏の子としての)本当の自分を取り戻すこと。

反省によって過去の罪を消せるとされます。

 

「発展」では、幸福な社会の実現の努力をします。

人格・魂の向上を目指しながら、地上をユートピアに変化させていくという教えです。

 

「霊的人生観」に基づきながら・・・

「あなたの幸福には“正しい信仰”、つまりエル・カンターレの教えを守ることが重要だ」と伝わってきますね。

(とても宗教っぽい・・・!)

 

やばすぎな大講演会

幸福の科学では毎年、東京ドームなどで大講演会を行っています。

一説によると大講演会ではほとんどの回が満席だそうで・・・

東京ドームの収容人数は約5万人ですから、その規模が容易に想像できますね。

まぁ信者数が全国に1100万人以上いるなら5万人が満席なんて当り前でしょうか?

 

こちらの動画は2016年にさいたまスーパーアリーナで行われた大講演会の様子です。

 

豪快な舞台セット、スモーク演出、信者によるスタンディングオベーションのなかで大川隆法総裁が登場します。

熱弁する大川総裁に信者から拍手があがり・・・

この光景を「異様」と捉えるのか「圧巻」と捉えるのかは人それぞれ違うと思いますが・・・

信者以外の人から見ると不思議な光景であることは間違いありません。

 

この大講演会について・・・

1994年の東京ドーム大講演会参加者のレポート記事が公開されています。

レポート記事は「信者ではない人がたまたまチケットを手に入れたために参加した」という、今思えばバレたらやばそうなものですが・・・

さすがロケットニュースさん、その内容も結構すごかったです。

参考リンク:ロケットニュース【コラム】すごい昔「幸福の科学」の東京ドーム集会に潜入した時の話

 

「巨大な竜」の頭にのって登場した大川総裁。その姿を見て涙する信者・・・

マスコミとライバル宗教を「悪魔」と呼び、それに賛同する信者の掛け声・・・

やはり信者ではない人から見ると「やばい」という印象が強いですよね。

 

スポンサーリンク

 

幸福実現党で政界へ進出

2009年には『幸福の科学』を母体とし、「幸福実現党」の名で政治団体を結成しました。

宗教団体が母体となり政界へ進出するのは「政教分離に違反するのではないか?」という疑問を持つ方も多いかもしれません。

実際に「幸福実現党」への問い合わせでかなり多い質問だそうです。

「政教分離」の主旨は、「政府が特定の宗教と組んで、他の宗教を弾圧してはならない」というものだ。国家権力をけん制し、宗教を守るものであり、「政治から宗教を閉め出す」というものではない。

出典:https://the-liberty.com/article.php?item_id=8805

 

勘違いしやすいポイントですが・・・

政教分離=宗教の政治参加を禁止する規定ではない

ということですね。

 

あくまで「国家権力が」宗教に介入しないようにすることが主旨であり、宗教団体の政治に参加を規制するものではありません。

つまり、幸福実現党は政教分離に違反しているわけではないのです。

 

とはいえ、これまでの選挙から国会議員を出すまでには至っていないのですが・・・

やはり創価学会の壁は分厚いということでしょうか。

>>>『創価学会と日蓮宗』違いと関係は?お題目【南無妙法蓮華経】に秘められた歴史

 

スポンサーリンク

 

その他の活動

政治以外の活動にも力を入れています。

 

映画制作(幸福の科学出版株式会社)

幸福の科学出版株式会社という名前で、大川総裁が総指揮をとり映画製作を行っています。

各作品における共通メッセ―ジは、

  • 人類の理想
  • 人類の進むべき方向性
  • 真実の人生観
  • 宗教性

となっており、映画の中でも宗教的な教えがストーリー上で説かれています。

 

2018年初夏には「さらば青春、されど青春。」が公開。

大川総裁の息子・大川宏洋さん、清水富美加こと千眼美子さんがメインキャラクターを務めます。

 

予告を観ると分かるのですが・・・

主人公は商社のエリート社員、突然起こる「霊的覚醒」、真実と現実の選択・・・

大川総裁の昔のストーリーを観ているようですね。

 

千眼美子さんはCDも販売しています。

 

過去作品では「UFO学園の秘密」など、幅広いテーマで映画を製作していますが・・・

一貫して言えるのは、幸福の科学の教えにならったテーマが設定されていることです。

 

芸能事務所

幸福の科学グループでは、2つの芸能事務所が運営されています。

  1. ニュースター・プロダクション株式会社
  2. ARI Production(アリ・プロダクション)株式会社

芸能事務所の一般的な仕事、映画・テレビ・ラジオ番組の企画制作業務も行っています。

各所属タレントは20名以上。

※2018年6月現在。

この所属タレントたちが信者かどうかは公表されておらず、真相は不明です。

一説では信者の可能性が高いとの噂も・・・

 

大川総裁の息子・大川宏洋さんもニュースター・プロダクションの社長として在籍していましたが、現在は社長を退任。

また、映画「さらば青春、されど青春。」に出演した千眼美子(清水富美加)さんはARI Production株式会社に在籍しています。

 

幸福の科学における「出家」

これまでお伝えしてきた中で清水富美加さん(出家後の名前:千眼美子)の名前があがりました。

彼女は2017年に『幸福の科学出家騒動』で世間をざわつかせましたね。

 

もともと清水富美加の名で芸能活動を行っていて有名映画に出演、連続ドラマのヒロイン役として抜擢されるなどの活躍をしていた清水さん。

2017年2月に突然、芸能活動一時休止を公表、「幸福の科学に出家する」と報じられました。

 

では、幸福の科学における「出家」とはどのようなことを指すのでしょうか?

「外見」や「形式」ではなく、「精神的な出家」を意味しているからであり、この世的な価値観に迎合することなく、神仏の心に基づいて一日24時間365日、自らを律し、仏法流布のために生きることを使命としています。

出典:『幸福の科学』公式サイト

 

里山のお寺に籠るといったイメージがある出家ですが・・・

幸福の科学では教団の職員になることを出家と位置付けているようです。

 

つねに教えを心がけながら、『人助けのプロ』を目指す(=教えを広める)。

(精神的な部分で)自分のためではなく、教団のために身をささげる(=仕事をする)ということになります。

 

清水さんは22歳の若さで出家をしましたが、この年齢で出家を希望するものは教団にとっても珍しく、とても貴重な存在となっています。

裏を返せば、芸能活動をとして受けた身体的な苦痛や精神的不安に襲われた結果・・・

「幸福の科学という宗教にしか救いの道を求められなかった」という捉え方もできる意味深な出来事でした。

 

スポンサーリンク

 

やばい宗教になりえる理由

宗教といえば「やばい噂」が絶えないものも多いですよね。

果たして幸福の科学はカルト宗教なのでしょうか?

フランスで、いわゆるカルト団体を定義する項目(※アラン・ジュスト報告書)というものがあるのですが、『幸福の科学』は、その項目のいくつかに当てはまるとされています

出典:https://rocketnews24.com/2017/02/18/863922/

 

断定はできませんが、カルト宗教の定義の一部には当てはまっているそうです。

確かに、幸福の科学では信者以外の人が見たら「え?」と思うような考え・出来事が多々あります。

 

大川隆法総裁の降霊

大川総裁の身体に「霊」を呼び出し、交信するというもの。

公式サイトによると大川総裁に呼び出せない霊は存在しないとのことです。

・・・イタコ?

 

これまで、降霊された人物は

  • 孔子
  • 坂本龍馬
  • イエス・キリスト

などの歴史上で有名な人たちや、

  • 小保方晴子(!?)
  • プーチン大統領(!!!)
  • ローラ(!?!?!)

など、本当に“誰でも”降霊させており、そのたびに霊言をまとめて出版をしています。

・・・モノマネ?

 

『君の名は』のヒット後には新海誠監督まで降霊させているから驚きです。

 

入会後の三帰誓願(さんきせいがん)

幸福の科学では、教団の一員になるために段階を踏む必要があります。

  1. 入会
  2. 三帰誓願

ただ入会するだけではなく、「三帰誓願」をする必要があります。

「三帰誓願」の「三帰」とは、「三宝帰依」という言葉の略です。「三宝帰依」とは、「三つの宝(三宝)に帰依する」ということです。「帰依」は、「仏教に帰依する」などとよく使われる言葉ですが、もともとの定義は、「身も心も投げ出して尊いものを信奉する」ということです。

出典:『幸福の科学』公式サイト

 

幸福の科学では「三宝」以下のように定義しています。

  • 仏宝:エル・カンターレの教えを説いてくれる大川隆法総裁
  • 法宝:エル・カンターレである大川総裁の教え
  • 僧宝:エル・カンターレの法を護持する集団(=幸福の科学)

つまり、身も心も投げだして大川総裁、『幸福の科学』を信仰するということ。

仏教にある三宝僧と名前は同じですが、その意味するところはまるで異なりますね。

 

この誓いを立てないと教団の一員としての段階を踏めないのです。

一歩間違えれば「洗脳」と捉えられてしまいそうですね・・・。

実際に退会者から見た目線でもこのような意見が出ているくらいです。

自分のことを至高神エル・カンターレと言っている大川隆法を始め、信者一同はみな「自分こそが正しい」と考えて、異なる考えを持つ者を攻撃する(教団内の言葉で言うと「裁く」)傾向があるようです。

出典元:http://antikkuma.hatenablog.com/entry/2015/01/13/225119

 

上記引用元についての追記

サイトへお問合せが入りました。

>自分のことを至高神エル・カンターレと言っている大川隆法を始め、信者一同はみな「自分こそが正しい」と考えて、異なる考えを持つ者を攻撃する(教団内の言葉で言うと「裁く」)傾向があるようです。

これ、まったくのウソデタラメですから削除してくれますか。

むしろ逆です。

多様な価値観を尊重しなさいと幸福の科学では教えられています。

ウソ書くのはやめて下さい。

 

また、このブログは幸福の科学を20年以上も事実に反する誹謗中傷をしている中国の工作員のブログです。

幸福の科学によって中国共産党の崩壊や、幸福の科学によって日本侵略できなくなるから、誹謗中傷攻撃をしているのです。

当然、相手は反社会的な人で反日です。

 

あくまで当サイトとしましては、客観的で中立的な姿勢を貫きたいと思います。

上記引用サイトが工作員の作るサイトかどうかの裏付けを取ることは出来ません。

対して、現役信者さんの声である全くそのような事実はないということも受け止めます。

 

炎上、反論する教団

幸福の科学は大川総裁の降霊によりさまざまな人物を呼び出します。

が、当然ですが内容によってたびたび批判的な意見があがることも。

 

2016年に起きた熊本地震。

震度7を観測したこの地震では多くの犠牲者をだしました。

この熊本地震について「地震を起こした神霊」を降霊させ、その「神意」を語りました。

大川「やっぱり戦後体制で教育からもそうだし、政治からもそうだけども、この宗教あるいは神の心みたいなものを完全に排除しようとしてきた71年なあ、やっぱり許しがたいわなあ」

出典元:http://buzz-plus.com/article/2016/04/18/kumamoto-jishin-tenbatsu/

※現在ではこの動画は削除されています。

 

これに対してネット上では批判の声が相次ぎました。

この他にも炎上することはしばしば。

 

また、教団に対しマイナスな意見を書くメディアについて、教団側も批判する姿が目立ちます。

週刊新潮は、何とかして幸福の科学を問題教団と同一視させたいようだが、こうした姑息な詐術を繰り返せば繰り返すほど、同誌の無見識ぶりの方が際立つことを知るべきである。

出典元:『幸福の科学』公式サイト

 

  • 大川隆法総裁の降霊
  • 入会後の三帰誓願
  • 炎上、反論する教団

これらのことから見方によっては、やばい宗教という印象が強いかもしれません。

しかし一方で1100万人が心棒する巨大宗教団体という側面もあり、一概に否定することも難しそうです。

宗教の自由が尊重されている日本では、何を信じるかはあなた次第としか言えませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は『幸福の科学』についてお伝えしてきました。

  • 大川隆法(りゅうほう)氏が総裁としてトップに立つ
  • 「エル・カンターレ信仰」を行っている
  • 宗教活動を中心に、芸能、映画、政治など幅広い活動をしている
  • 特徴的な大講演会が行われる
  • 降霊術や三帰誓願など独特な行いがある
  • 炎上したり、教団が批判記事を出すこともある

 

エル・カンターレ信仰と謳っていますが、「大川総裁信仰」と言っても過言ではない印象でした。

他の宗教にはあまり見かけない独特な「大講演会」や、やりすぎだと思われそうなレベルの「降霊術」・・・

教団が公式でマスコミなどへの批判記事を出している点も驚きです。

 

信者の数は日本にとどまらず世界的にも多数存在することは確かなので、「良い宗教」ととるか「カルト宗教」ととるかは人それぞれ。

入会するかどうかはしっかり考えてからにしましょう・・・!!

-日本の宗教
-,

Copyright© 世界の宗教まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.