広告 宗派

創価学会と日蓮宗と日蓮正宗の違いと関係|創価学会は仏教なのか

日蓮宗 創価学会 違い 関係

公明党支援団体として有名な創価学会。

今では仏教界から破門扱いとなっている創価学会ですが、元々は日蓮宗の分派、日蓮正宗と因縁の歴史を持つ新興宗教団体になります。

両者の違いを細かくまとめました。

この記事では、創価学会・日蓮宗・日蓮正宗の徹底比較ガイドとして、それぞれの成り立ちや教義、特徴や関係性、信者数などを解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

創価学会、日蓮宗、日蓮正宗の違いを解説

創価学会、日蓮宗、日蓮正宗は、いずれも日蓮の教えを基盤にした宗教団体でありますが、それぞれに違いがあります。具体的には、創価学会は仏法に基づいた人間革命を目指す団体で、池田会長を中心とした活動が特徴です。一方、日蓮宗は歴史ある宗教団体で、日本全国に多くの寺院があり、一般の僧侶が教えを説くことが主な役割です。そして、日蓮正宗は、日蓮の直系を受け継ぐ宗教団体で、法華経をそのまま実践することを重要視しています。

創価学会の成り立ちと教義

created by Rinker
¥740 (2024/06/08 23:17:26時点 Amazon調べ-詳細)

創価学会は、戦後の混乱期に、若い人々が仏法を学ぶための団体として設立されました。創価学会の教義は、日蓮の教えを基盤にしており、南無妙法蓮華経という題目を唱えることで、仏法を体現するとされます。また、創価学会では、人間革命を通じて個人の幸せを追求し、教育や社会活動を行うことで、世界平和を実現しようというポリシーを掲げています。

日蓮宗の歴史と基本的な教え

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,056 (2024/06/09 08:40:32時点 Amazon調べ-詳細)

日蓮宗は、日蓮の教えに基づいて、鎌倉時代に創設された宗教団体です。日蓮宗の基本的な教えは、法華経を最高の仏教経典とし、その教えを実践することで、悟りの境地に至ると信じられています。また、日蓮宗では、南無妙法蓮華経と題目を唱えることで、仏陀と一体となり、悟りを開くことができるとされています。このため、日蓮宗では、個々の信者が日々の生活の中で題目を唱えることが、非常に重要視されています。

日蓮正宗の創立と独自の教義

日蓮正宗は、日蓮宗の中でも特に日蓮の教えを厳格に守ることを重視した宗派で、日蓮が唱えた教義を忠実に継承しています。その創立は、日蓮が初めて「南無妙法蓮華経」と唱えた平成元年とされています。

日蓮正宗の特徴は、仏教における教義の中で最も重要とされる法華経を中心とし、その解釈や信仰のあり方が独自であることです。一般的な仏教では、仏陀の教えを広めるために様々な仏教宗派がありますが、日蓮正宗では唯一の仏教宗派として自らの教義を擁護しています。

その教義の中心となるのは、日蓮が「妙法」と呼んでいた法華経に基づく教えです。法華経は、すべての人間が本来持っている仏性を開花させることが可能であり、それを実現するためには「南無妙法蓮華経」と唱えることが大切だと日蓮は説いていました。

日蓮正宗では、この「南無妙法蓮華経」と唱えることによって、自分自身を救済するだけでなく、他の人々や社会全体をも救済することができると考えられています。また、日蓮正宗は、自分たちの信仰に対して非常に厳格であり、他の仏教宗派とは異なる独自の僧侶制度や教育制度を持っています。

現在、日蓮正宗は日本を中心に世界各地に広がり、多くの信徒がこの教義に基づいて信仰生活を送っています。その信仰心は家族や地域社会にも影響を与え、日蓮正宗という独自の宗派の歴史と信仰を今後も受け継いでいくことが期待されています。

それぞれの団体の特徴と関係性

日蓮宗や創価学会、日蓮正宗といった団体は、それぞれ特徴や関係性が存在しています。

まず、日蓮宗は、日蓮の教えを基盤にした仏教の宗派の総称です。日本国内には数多くの日蓮宗系の寺院がありますが、それぞれの寺院は地域や教義の違いによって多様性が存在しています。日蓮宗は、日蓮が説いた法華経に基づく教えが根幹にあるものの、それぞれの寺院や僧侶が独自の解釈や信仰のスタイルを持っていることが特徴です。

一方、創価学会は、日蓮宗の一派である日蓮正宗と関係が深い団体です。創価学会は、戦後の日本で急速に広まった宗教団体であり、その組織力や活動の幅広さが特徴です。創価学会は、日蓮正宗の教義を基盤にしつつ、現代の社会や人間の悩みに対応した信仰スタイルを提供しており、多くの会員が教育や人間性向上の活動に取り組んでいます。

日蓮正宗と創価学会の関係性は、かつては非常に密接でしたが、近年では破門問題により関係が悪化しています。それでもなお、両者はお互いに影響を受けつつ、それぞれ独自の信仰活動を展開しています。

さらに、これらの団体と一般的な仏教宗派との違いは、日蓮宗や日蓮正宗、創価学会が法華経を最も重要視している点です。法華経は仏教の中でも特に厳格な教えが含まれており、日蓮宗系の団体ではその教えに基づいて独自の信仰スタイルや活動を行っています。

以上のように、日蓮宗、日蓮正宗、創価学会といった団体は、それぞれ独自の特徴や関係性を持ちつつ、日蓮の教えを根幹にした信仰活動を行っています。それぞれの団体が持つ特徴を理解することで、より深い理解が得られるでしょう。

日蓮宗の成り立ちと日蓮正宗の関係

日蓮宗と日蓮正宗は、いずれも日本仏教の宗派のひとつであり、根本的な教えは同じ日蓮の仏法です。しかし、二つの宗派には歴史や立場において若干の違いが存在しています。

  • - 日蓮宗は、日蓮の弟子たちが嗣いだ伝統ある宗派。
  • - 日蓮正宗は、日蓮が直接指導したとされる教えを厳格に守ることを重視している。

そのため、日蓮宗には多くの寺院が存在し、日本全国にその教えが広まっています。一方で、日蓮正宗はより厳格な教義を守り、その教えを受けたい信徒たちの選択肢となっています。

違いを理解することは、日蓮宗と日蓮正宗がそれぞれどのような立場で仏法を実践しているのかを理解する上で重要です。

 

創価教育学会が関連団体として所属していたのは「日蓮正宗」です。

私たちのよく知る鎌倉仏教の日蓮宗とは、また違う宗派になります。

この両者の違いを説明するために、日蓮宗の歴史について説明しましょう。

 

日蓮が開宗した当初の日蓮宗は、どうやらあまり評判のいい宗派ではありませんでした

その理由として日蓮の思想が挙げられます。

日蓮は過激な思想の持ち主でした。

その一例として「四箇格言(しかかくげん)」を述べたことが知られています。

四箇格言とは、以下の4つのことを指します。

四箇格言

  1. 真言亡国(しんごんぼうこく)
  2. 禅天魔(ぜんてんま)
  3. 念仏無間(ねんぶつむけん)
  4. 律国賊(りつこくぞく)

それぞれ、真言宗、禅宗、浄土宗、律宗に対する明確な批判です。

つまり日蓮は「日蓮宗こそ正義であり、他宗派はダメ、むしろ諸悪の根源だ」ということを主張していたのです。

 

日蓮が入滅後、日蓮の弟子6人が日蓮宗を引き継ぎました。

この弟子のうち5人は「日蓮は強引すぎたので寛大な心で布教を進めよう」と考えました。

その後、現在の宗教法人日蓮宗は、主に「この5人が立ち上げた宗派」と「その派生宗派が集まったもの」になっています。

 

一方、日蓮の弟子の1人は他の5人とは反対に、日蓮聖人の思想を忠実に引き継ぐことを第1に考えました。

そしてその系譜を辿ったのが、現在の日蓮正宗です。

現在の日蓮宗と日蓮正宗は、全く別の宗派です。

そして開宗当初の日蓮宗の系譜を、当時の思想のまま辿っているのは日蓮正宗です。

創価学会と日蓮正宗との関係

創価学会は、戦後の日本で急速に発展した宗教団体であり、その教えの基盤は日蓮正宗の仏教に根ざしています。しかし、過去には両者の間に問題が生じ、結果的に分裂することになりました。

創価学会と日蓮正宗の関係を簡単に表すと次の通りです。

西暦 事項
1930年 教育者が集まった教育者育成団体「創価教育学会」設立
1937年 日蓮正宗の関連団体の1つとして位置付けられる
1945年 創価教育学会が団体の名称を現在の「創価学会」に改称
1951年 大規模な勧誘活動折伏大行進(しゃくぶくだいこうしん)を行う
1952年 創価学会が宗教法人の認証を得る
1991年 日蓮正宗が創価学会を破門する

はじめは教育者育成団体だった創価学会。

日蓮正宗の関連団体になり、宗教法人になり、そして破門までされてしまいます。

どういう流れでこうなってしまったのか、成り立ちや関係を詳しくみていきましょう。

創価学会の成り立ち

1930年に設立した創価教育学会は、1937年に日蓮正宗の関連団体の1つとして位置付けられました。

創価学会はもともと「創価教育学会」という名称で、宗教団体ではなかったのです。

小学校の校長をはじめとした教育者が集まった「教育者育成団体」が元です。

この時に重要視したのが、日蓮宗の宗祖「日蓮」の仏法精神でした。

利用された創価学会!?創価学会と日蓮正宗の分裂と現在

日蓮正宗の関連団体となった創価教育学会は、1945年に団体の名称を現在の創価学会に改称、1952年に宗教法人の認証を得ました。

政府からの宗教法人としての認証を得るにあたって、創価学会は日蓮正宗におうかがいを立てています。

この時に日蓮正宗は、いくつかの条件を出していました。

そのうちの一つが新規の学会員は日蓮正宗の信徒とすることでした。

 

創価学会は1951年から、折伏大行進(しゃくぶくだいこうしん)と呼ばれる大規模な勧誘活動を行い、信者の数を信じられない勢いで増やして行きました。

1950年から1957年の信者世帯数は250倍にも昇ったと言われています。

強引な勧誘はメディアでも取り上げられ、現在の創価学会に対するイメージの一つでもある過激な勧誘のイメージはこの活動が元になっていると考えられます。

 

創価学会の折伏大行進により信徒数が増加した日蓮正宗。

しかし1991年、日蓮正宗は創価学会を破門しました。

この事に対して、破門に至った原因は様々あるようです。

池田名誉会長のスピーチに対し、日蓮正宗側は法主や僧侶を軽視するものだとして学会に説明を求める「お尋ね」文書を送る。これに対し、学会側は池田名誉会長のスピーチに法主や僧侶を軽視する文言は入っていないとして、日蓮正宗側が池田名誉会長のスピーチに難癖をつけて誹謗・中傷していると反論した。
----------------------------------
この破門事件は後になって、日顕の側近・河辺慈篤のメモ(河辺メモ)の記述などから、「創価学会分離作戦(C作戦)」の名の下に、日蓮正宗が一方的に創価学会を切り捨てることを目的としていたことが発覚する。

引用:Wikipedia

創価学会としては「利用された」と捉えているようですね。

一方、日蓮正宗のHPによると

「創価学会が日蓮正宗の教義から逸脱した独自思想を持ち込んだこと」や、「日蓮正宗に対する攻撃があったこと」を理由としています。

外部からだと、どちらの意見が正しいのかはわかりません。

両者がもめたという事実のみが残っております。

 

現在、創価学会は独自の教育や社会活動を展開していますが、日蓮正宗との関係は依然として修復されていません。それでも、両者の信仰の根底にある南無妙法蓮華経や法華経の教えを重視し、それぞれの立場で仏法を実践しています。

このような歴史を経て、創価学会と日蓮正宗はそれぞれ独自の道を歩むようになりましたが、両者の教えに共通する部分も多く存在しています。今後も、それぞれの教団が信者や社会に貢献していくことが期待されます。

日蓮宗と創価学会の交流

日蓮宗と創価学会は、共に日本の仏教団体ですが、それぞれが異なる立場で活動しており、直接的な交流はあまりありません。ただし、両者が日蓮の教えを尊重し、それぞれの信者が法華経に基づいて信仰を実践している点では共通しています。

また、日蓮宗と創価学会は、仏教の教えを通じて人々の幸福や社会の発展に貢献していくことを目指しています。そのため、教団が主催するイベントや講演会などで、両者が協力して取り組む機会もあります。

これからも、日蓮宗と創価学会は、それぞれの立場で仏法を広め、人々の生活向上に努めていくことが期待されます。

第3代会長 池田大作とは

池田大作は現在、名誉会長となっていて、会長の座は退いています。

しかし、今でも最も力を持った存在です。

この池田大作という人物の、創価学会内での功績の1つが公明党の設立です。

自民党と手を組んで、自公連立の片側を担う公明党。

実は創価学会が作った政党です。

政教分離の問題から、公明党が創価学会について言及(擁護・奨励)するようなことはありません。

しかし、公明党HP内にも「池田大作」の名前が登場しています。

ちなみに「公明党と創価学会の関係」については、選挙特番で池上彰さんが切り込みまくったことが一時期話題になりました。

 

スポンサーリンク

 

日蓮宗と創価学会(日蓮正宗)の比較

日蓮宗と創価学会(日蓮正宗)を比較すると、実はそれほど大きな違いはありません。

共通ポイントと違いを見ていきましょう。

日蓮宗と日蓮正宗(創価学会)の共通点

日蓮宗と日蓮正宗(創価学会)の共通点は次の通り。

日蓮宗と日蓮正宗の共通点

  • 経典は法蓮華経(法華経)
  • お題目は「南無法蓮華経」
  • 日蓮が本仏
  • 他宗派を認めない

いずれも経典は「法蓮華経(法華経)」であり、お題目を唱える時は「南無法蓮華経」と唱えます。

日蓮宗系の場合、お経とは呼ばずにお題目と言います。

どちらも日蓮を本仏としており、他宗派を認めていません。

別宗派となった今では、お互いを激しく非難しています。

創価学会が破門された直後は、学会発行の新聞に以下のような記事を掲載し、裁判沙汰になっています。

掲載記事

  • 日蓮正宗のトップが、アメリカで身柄拘束!?原因は売春婦との料金トラブル!?
  • 日蓮正宗のトップが、芸者遊び!!宴会現場を激撮!

こんなふざけたタイトルではなかったとは思いますが、まるで週刊誌のような内容で日蓮正宗ネガティブキャンペーンを実施していました。

南無妙法蓮華経について

日蓮宗、日蓮正宗のお題目「南無妙法蓮華経」。

南無(なむ)とは「帰依する」、妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)とは、法華経という経典で、仏教の始祖である釈尊(しゃくそん=しゃか)が説いた教えのこと。

つまり南無妙法蓮華経とは「妙法蓮華経」を絶対の真理として帰依し、その加護を求めて唱える言葉です。

日蓮宗、日蓮正宗以外にも南無妙法蓮華経を唱える宗派は複数存在します。

日蓮宗と日蓮正宗(創価学会)の違い

日蓮宗と日蓮正宗(創価学会)の細かい違いは次の通り。

日蓮宗と日蓮正宗(創価学会)の違い

  • 本仏の考え方
  • 戒名の違い
  • 法華経の解釈の仕方

日蓮宗と創価学会(日蓮正宗)は本仏の考え方や戒名の違い、法華経本門と迹門の扱いなどの違いがあります。

もともと現在の日蓮宗は、それまでに様々な経緯を辿ってきた日蓮宗系の宗派が集まったものです。

そのためお寺によって本尊がバラバラで、教義の解釈も微妙に違います。

そのため、日蓮正宗は「日蓮の系譜を継ぐのは自分達だけ」であり、様々な概念を取り入れた日蓮宗は「思いつきの宗教」と非難しています。

 

スポンサーリンク

各団体の信者数と影響力

宗教団体は、信者数や社会的影響力が重要な指標となります。創価学会や日蓮正宗など、日本の仏教団体も例外ではありません。信者数は、その団体の教えがどれだけ多くの人々に理解され、共感を得ているかを示します。また、影響力は、団体が持つ力がどれだけ社会に対して働きかけることができるかを表します。

具体的な信者数については、管理が困難であるため正確な数値が公表されていないことが多いですが、創価学会の信者数はおおよそ800万人程度とされています。また、日蓮宗は、日本全国に約7,000の寺院があり、信者数は数百万人と推定されています。

信者数や影響力が高い団体は、社会に対する貢献活動も行いやすく、さらに信用を得ることができます。例えば、創価学会は教育や平和活動に力を入れており、日蓮宗も地域社会に貢献しています。

創価学会の信者数と社会貢献

創価学会は、法華経を根本とする宗派で、その教えは一般の人々に易しいため、多くの支持を受けています。信者数は約800万人程度となっており、日本の仏教団体の中でも大変な人気を誇っています。

社会貢献においては、創価学会は教育や平和活動に取り組んでいます。また、国際交流や文化活動も盛んで、国内外の人々との交流を広げています。

その他にも、環境保護や人権擁護など多岐にわたる活動を行っており、社会に対する影響力が大きいと言えます。

日蓮宗の寺院数と信者数の変遷

日蓮宗は、日蓮聖人の教えを基にした仏教宗派で、日本全国に7,000を超える寺院があります。信者数は数百万人と推定されています。

日蓮宗は、鎌倉時代から現代に至るまで、日本の歴史を通じて大きな影響力を持ってきました。時代の変化により、信者数や寺院数は増減しましたが、現在も多くの人々から支持を受けています。

日蓮宗は、各地域での信仰活動や寺院運営を通じて、地域と信者とのつながりを大切にしながら、社会貢献を目指しています。

日蓮正宗の現代での地位と活動

日蓮正宗は、日本の仏教宗派である日蓮宗の一つで、日蓮聖人の教えを正しく受け継ぐ宗教団体です。その地位は、日本の宗教団体の中で一定の認知度と影響力を持っていますが、他の宗教団体との関係や現代社会における役割については一般にはあまり知られていません。

現代における日蓮正宗の活動は、仏法の普及や法華経の教えを広めることを目的とし、僧侶や信徒が勤行や学びを通じて仏法に親しんでいます。また、寺院では法要や供養といった宗教行事を行い、地域や家族に寄り添った支援も行っています。

さらに、日蓮正宗は信仰を通じた人間の尊厳を重視し、現代社会での人間性の向上や教育活動に力を入れています。教えを実践するため、様々な活動が展開されており、その効果は信者の人生や社会にも好影響を及ぼしています。

各団体の信仰実践と仏法の学び方

各団体では信仰実践や仏法の学び方が異なりますが、彼らは共通する目的であるつまり、仏教の教えを深め、人間性を向上させることを目指しています。

まず、日蓮正宗では、法華経の勤行や勉強会を通じて、日蓮聖人の教えを実践し、自己の成長や幸せを追求します。また、寺院で行われる法要や供養に参加し、家族や故人の供養を行うことも大切にされています。

次に、創価学会では、創価教育の精神に基づく勤行や学習が行われ、南無妙法蓮華経という題目の唱題が信仰の根幹をなしています。会員たちは日常生活の中で勤行を行い、困難な状況にも立ち向かい、幸せを実現しようとします。

これらの団体をはじめ、仏法について学びたいと考える人々は、各団体の公式サイトや書籍などで学ぶことができますし、また、実際に各団体の活動に参加することで、仏法の学びをより実践的な形で深めることができます。

創価学会の勤行と法華経の学習

創価学会では、日蓮聖人の教えに基づく勤行が行われており、南無妙法蓮華経という題目を唱題します。勤行は信者の精神的な基盤を築くための重要な実践であり、信者の人生に幸せや成功をもたらすとされています。

また、創価学会では法華経の学習が大変重要視されており、信者たちが日常生活において法華経の教えを活かすことが求められます。会員同士が集まる学習会や各種の講義を通じて、法華経を学び、その教えを実践することが創価学会の信仰実践の一つです。

日蓮宗の教育活動と信仰の形

日蓮宗は、日本の仏教宗派の一つで、教えの根本となる法華経を重視しています。その信仰の形は、題目である「南無妙法蓮華経」を唱えることで、様々な問題を解決し、人間の真の幸福を追求するというものです。また、日蓮宗の教育活動は、宗派を越えた人々に仏法を広めることが目的とされています。

具体的には、寺院での法要や講演会の開催、法話や教義解説の提供が行われています。さらに、地域社会との関りを深めるため、各地の寺院が子ども会や青年会を主催し、仏教文化を学ぶ機会を提供しています。

その他にも、日蓮宗では法華塾という大人を対象とした仏教講座が開催されており、仏法や教義の理解を深めることができます。これらの活動を通して、信者が日々の生活の中で仏法を学び、実践することが求められています。

日蓮正宗での法要と信徒の集い

日蓮正宗は、日蓮宗の中でも特に日蓮の教えを厳格に守ろうとする立場を取っています。そのため、法要や信徒の集いが大切な機会とされています。

日蓮正宗で行われる法要は、本尊である御本仏との交流を通じて、信者が仏法を実践するための力を得られる場とされています。また、法要では、経典や題目の唱顧や、僧侶による法話が行われ、信者が教義を理解し実践するための指針が示されます。

さらに、日蓮正宗では信徒の集いが盛んに開催されています。これらの集いでは、信者同士が互いに励まし合い、教えや信仰を深めることが期待されています。具体的な活動としては、勉強会や懇談会、地域の清掃活動などが行われています。

信者さんのリアルな声

創価学会の信者さんより、サイトにリアルな情報・ご意見を頂きました。

学会員ですが、戦争当時 宗教は 禁止され日蓮正宗はご本尊を捨て、念仏やら邪宗を祭り、今でも同じ。

芸者遊びしたり、捕まってます。

 

学会3代会長は捨てなかったので 投獄されまさした。

人殺しには 参加しない、宗教は不幸な人を救う もので 坊主丸儲けではありません。

 

正宗と、すっきり学会は別れました。

牧口会長、戸田会長からの遺言から池田会長は名実共に世界の大統領その他と親交を深め続けた結果から尊敬される 創価学会になりました。

聖教新聞には連日世界のトップから 憲章されつつ、学会本部には正月 朝4時から日本の会社トップが挨拶に。

世界トップからは、グリーティングカードが届きます。

 

正宗の坊主は有名になっていく池田会長を妬み、富士の本部はガラガラ。お寺もガラガラ。

信濃町本部は連日 満員御礼です。

 

聖教新聞を購読してみて下さい。 真実が載ってます。

ベストセラーの 人間革命も、読んで このコラムに 感想を書いて下さいね。

茂木健一郎さんや、中野信子さん、 田原総一郎氏、佐藤優氏も創価学会を 絶賛してます。

人を救う為 教育から、入ってます。

 

トルストイの孫の孫とも親交があります。

聖教onlineで見れますよ。

尚、歴史は古く日蓮大聖人のご本尊を信仰してるので、 新興宗教ではありません。 学会3世より。

ご紹介のあった書籍がこちら。

created by Rinker
¥838 (2024/06/08 17:49:05時点 Amazon調べ-詳細)

ウェブサイトはこちらです。

ご興味のある方は、ご覧になってみては?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ここまで見てきたように、日蓮宗と日蓮正宗はそれぞれ違った特色を持っています。日蓮宗では、法華経を基本とした教育活動が行われ、宗派を超えて仏法を広めることが目指されています。一方、日蓮正宗では、厳格な教えの実践と信者同士の交流を重視しています。

信仰を選ぶ際には、自分が何を大切にしたいのか、どのような活動に参加したいのかを考えると良いでしょう。また、実際に法要や信徒の集いに参加し、僧侶や信者と話すことで、自分に合った信仰を見つけることができるかもしれません。

 

創価学会と日蓮正宗は、元は同じ思想を持つ団体でした。

しかし今では決別し、互いに互いを批判しています。

どちらが悪だと断ずることは、外部からはできません。

宗教論争に加わらず、伝統仏教としての地位を築いた日蓮宗の一人勝ちのようにも見えますが、創価学会は財政界に広く権力を持っています。

伝統仏教というブランドの陰で、日蓮宗は超過激な修行を今でも続けている事実もありますからね。

同じ日蓮の教えが理念にあっても、実に様々な宗派が存在しているのです。

-宗派
-, , ,