新興宗教

宗教法人GLAの教えとは|指導者の権力が危険でやばい!?

created by Rinker
¥1,935 (2019/12/04 10:02:33時点 Amazon調べ-詳細)

「宗教法人GLA」という新興宗教団体をご存知でしょうか。

創立50年の比較的新しい宗教で、信者数も多くないため、知らない方も多いかもしれません。

しかし、信者の中には指導者を高く評価する人が多く、様々な活動が活発に行われています。

一体どんな宗教なのか気になりますよね。

今回は、宗教法人GLAはどのような宗教団体なのか、どんな教えがあるのかをまとめました。

 

スポンサーリンク

 

 

宗教法人GLAとは

まず、宗教法人GLA(以下GLA)とはどのような宗教団体なのか、公式HPの情報を元に見てみましょう。

  • 名称:宗教法人GLA(「GLA」は「God Light Association」の頭文字)
  • 創立年月日:1969年(昭和44)4月8日
  • 創設者:高橋信次
  • 現在の指導者:高橋佳子(高橋信次の長女)
  • 会員数:5万8408人(2019年4月1日現在。物故会員1万343人を含む)
  • 本部:GLA総合本部本館(東京都台東区)、その他全国に28の本部や施設有り

1968年、創設者の高橋信次氏が「もう1人の自分(魂)」の存在に目覚め、宇宙を貫く法(神理)に到達しました。

そして、「人間は誰もが永遠の生命を生きる魂の存在。人生には目的と使命がある」と新たな生き方の原点を自宅で説いたのがGLAの始まりです。

当時は、週1回土曜日に集まる為に「土曜会」と称していました。

その後、自然発生的に組織を形成しようとする動きが生じ、1969年4月に「大宇宙神光会」が発足します。

1970年12月には、国際化を考慮して「GLA」に変更しました。

 

信次氏が48歳に近づいてきた頃、自らの帰天の日が近いことをしばしば口にするようになります。

継承者を探している時に、佳子氏が「信次氏の人生の意味を魂の次元から明かし語ってゆく」という出来事が起こりました。

それがきっかけで継承者が佳子氏であることを確信し、一切を佳子氏に託します。

そしてついに1976年、信次氏の死去に伴い、当時19歳の佳子氏が法の継承者になりました。

 

当時大学生だった佳子氏が宗教のトップになるとは、すごいですよね。

ただ、やはり若い上に新参者の佳子氏に対して、周辺にいた者には不信感や嫉妬心、対抗意識なども出ていたそうです。

はたから見たら、単純な世襲制に見えても仕方のないことでしょう。

 

宗教法人GLAの教えと活動

GLAの根本的な考え方は、「魂の学」(人間を魂と見る人間観・世界観、及びその実践の体系)です。

「魂の学」では、「魂」が「肉体」と出会うことで、「心」が生まれると捉えます。

そしてその教えを実行するために、研鑽システムと呼ばれる各種の集いやセミナーなどがあります。

  1. 四聖日の集い
  2. 層別セミナー
  3. グローバル・ジェネシスプロジェクト研鑽
  4. 生活実践
  5. 高橋佳子講演会

それぞれ見ていきましょう。

1.四聖日の集い

会員は年に4回の「四聖日の集い」に参加することで、「魂の学」を体験することができるとされています。

4回の集いは、以下の通りです。

  1. 新年の集い:新たな年の始まり
  2. 善友の集い:GLA創立記念日(4月8日)
  3. 現身の集い:高橋信次の命日(6月25日)
  4. 感謝の集い:1年の終わり

他宗教で言うところの、お盆お彼岸やクリスマスのようなものと言えそうです。

2.層別セミナー

年齢別に分かれて行われるセミナーです。

GLAの教義の1つである「円環的人生観」に基づいて作られているそうです。

  • かけ橋セミナー(親子対象)
  • 青年塾セミナー(青年層対象)
  • フロンティアカレッジ・こころの看護学校合同セミナー(壮実年・婦人層対象)
  • 豊心大学セミナー(熟年層対象)

各年齢層にあわせたセミナーとは、親切なやり方ですよね。

組織としても細分化されているであろうことが見て取れます。

3.グローバル・ジェネシスプロジェクト研鑽

週1回行われる、プロジェクト活動(GLAでのボランティア活動)のことです。

「研鑽」と「奉仕」が1つになった実践的な学びの場となっています。

1年間の登録制の研鑽で、現在、日本だけでなく海外でも1万人を超える会員が学んでいるそうです。

4.生活実践

「魂の学」の基本を学ぶ場のことです。

1ヶ月に2回、2時間程度、自宅や職場が近くの会員5〜6名が1つのグループを作って活動します。

5.高橋佳子講演会

名前の通り、指導者である高橋佳子氏の講演会です。

毎年、東京・大阪・名古屋を含む地方都市、約20カ所で開催されています。

 

スポンサーリンク

 

宗教法人GLAは危険?

GLAの活動を見てみると、団体の中での活動が多く、特に危険なようには見えませんが、実際はどうなのでしょうか?

GLAについて調査してみても、やはり取り立てて大きな問題にはないように思います。

というのも、活発に布教活動をしないという方針があるためかもしれません。

無理に会員を増やしたりすることもなく、GLAを辞めたい人を引き留めることもありません。

 

また、特に献金がある訳ではなく、入会費3,000円、月会費1,000円だけだそうです。

ただ、各種イベントの時には無償で仕事をしたり、何かとお金がかかってしまうようです。

会費は安くとも・・・なんだかんだお金がかかるのは間違いないでしょう。

公式HPを見れば火を見るよりも明らかですね。

とんでもない自社ビル?や広大な敷地に建つ荘厳なビルを所有しているようです。

引用:GLA公式HP

なんとも立派で美しい建物ですよね!

どれだけの建設費用がかかるのか、皆目見当がつきません。

 

そして、辞めたいのにすんなり辞められないという噂もちらほら…

一応、公式HPには以下のように書いてあります。

退会したいと思われた場合は、所属本部にお問い合わせいただければ、いつでも退会できます。

引用:宗教法人GLA公式HP

とはいえ、やはりどこの宗教も信者数を集めるのに苦労しているので、そう簡単には辞められないのかもしれませんね。

一方で、東日本大震災、熊本地震、そして西日本豪雨の時には積極的にボランティア等に取り組んでいるという実績もあります。

佳子氏自身も救援物資の搬送や、復興ボランティアの派遣など、あらゆる支援活動に尽力したそうです。

 

宗教法人GLAに入信している芸能人

GLAに入信していると噂されているのは、司会者・タレントとして活躍されている、関口宏さんです。

ただ、ご本人が公表しているものではなく、あくまで噂です。

GLAは積極的に勧誘活動をしていないので、芸能界にはそこまで広まっていないのかもしれません。

とはいえ、宗教に入信していても公開していない可能性もありますよね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

GLAはあまり有名な宗教ではありませんが、指導者に対する熱狂的な信者が多い印象です。

佳子氏は信者との関わりを大事にしているので、そうなるのも頷けます。

「高橋佳子講演会」は、GLA会員でなくても参加することができるので、興味を持った方は、参加してみてもいいでしょう。

過去にはパシフィコ横浜で開催されたこともあるそうです。

かなり広い大規模な施設でやるなんてすごいですよね。

今後は、佳子氏の継承者がどうなるのかも興味深いですね。

外から見るのと実際に入信するのでは違うので、入信の際はきちんと判断しましょうね。

仏壇仏具のネットショップはどこで選ぶ?

いざ、Amazon楽天などを見渡してみても・・・

  • 変なものや粗悪品が届かないか不安
  • 返品やアフター対応してくれるのか心配
  • 無在庫転売なんじゃないの?
  • 本当に商品が届くの?

安い買い物ではないですし、こういった不安や心配はつきませんよね。

しかもそれが、ご先祖や亡くなった大事な方を供養するものであればなおさらです。

そんな方におすすめのネットショップがありますよ。

「仏壇・仏具のふたきや」です。

ポイント

  • 創業50年超の老舗
  • 埼玉に実店舗あり
  • 通商産業省認可の全日本宗教用具協同組合加盟店
  • キャッシュレス5%還元完全対応
  • 楽天市場/ヤフーショッピングにも対応

しかもその商品はスタイリッシュ。

創業50年という歴史があるにもかかわらず、常に時代の先鋭を目指している店舗です。

モダンな仏壇から、伝統的なお位牌まで。

仏具のネットショップはふたきやがおすすめですよ。


\キャッシュレス5%還元/

※位牌文字入れ1名無料

-新興宗教
-, , ,

Copyright© ワールドセクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.