スポンサーリンク




世界の宗教

世界三大荒行とは【ガチでヤバイ!!】修行内容が・・・

更新日:

世界三大荒行とは

 

 

宗教の世界には様々な修行が存在し、中でも過酷さを極めるものは『荒行』と呼ばれています。

そんな厳しい荒行の中でも、特に過酷さを極めるもの3つが【世界三大荒行】です。

その内容は常人では、耐えられないようなものばかりです(汗)

この世界三大荒行に注目してみたいと思います。

 

ということで、
世界三大荒行とは【ガチでヤバイ!!】修行内容が・・・
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

世界三大荒行とは

世界三大荒行の内訳は、以下の3つ。

  • 日蓮宗 百日大荒行
  • 天台宗 千日回峰行
  • インドのヨーガ

これらの修行は、世界的に見ても、イカレている非常に厳しい修業で有名です。

 

しかし、3大の内、二つが日本産って・・・(笑)

 

日蓮宗 百日大荒行

年に一度の一大イベント

百日大荒行は毎年11月1日から翌年2月10日まで行われています。

全国から沢山の僧侶が集まって修行に励み、まさに年に一度の一大イベントといったところでしょうか?

 

しかしその実態はそんな楽しげなものではなく、最悪では死者がでることもあります。

あまりメディアでは取り上げられることはありませんが、平成に入ってからも平成10,12,18年に死者が出ています。

>>>日蓮宗とは『日蓮正宗』との違いはドコ?【超過激】な修行の実態について

 

気になる修行内容は

百日大荒行の修行期間は100日間です。

全国から集まった僧侶が日蓮宗大本山中山法華経寺大荒行堂に入ると、修行が終わるまで僧侶たちは外へ出ることはできません。

さらに最初の35日間は、面会謝絶で外部との接触はできず、35日以降は5分間のみ家族などと面会できます。

 

しかし僅か1ヶ月程度の間に僧侶は皆、髪や髭が伸び、頬は痩せこけ、青白い顔色に変わってしまうため、家族の人もその変貌ぶりに皆驚きを隠せません。

 

大荒行堂内での生活は、次のような内容になっています。

  • 午前3時から午後11時まで、計7回の寒水による水行(修行期間は11月~2月)
  • 一日の食事は朝夕の2回。梅干しとお粥
  • 一日の睡眠時間は2時間
  • それ以外の時間はひたすら読経

この荒行で最も過酷なのは、『寒水による水行』ではないでしょうか?

時期は真冬、ただでさえ寒い時期にふんどし姿で寒水を浴びることを想像するだけで、鳥肌が立ちます。

寒水による水行で僧侶たちの皮膚はあかぎれ、血が滲み出てくるそうです。

 

ちなみにこの百日大荒行に参加する僧侶は、髭剃り用のカミソリを持ち込むことを禁止されています。

その理由は『髭を剃る暇すらない』と言われていますが、一説には『荒行を苦にした自殺を防止するため』という噂もあるほどです。

 

過酷な荒行ではあるものの、そんな百日大荒行でさえかわいく見えてしまうのが、次に紹介する天台宗の千日回峰行です。

 

天台宗 千日回峰行

挑戦者が選べる道は『満行』か『死』

この千日回峰行は、かなり過酷な荒行であり、死者が出ることもあります。

また一度始めたら決して失敗は許されず、万が一にでもリタイアする場合は【死をもって償わなくてはならない】という教えがある程です。

 

そのため行者は自害用の紐と短刀、そして『埋葬料』を持って千日回峰行に挑みます。

実際に自害した人に関して記録としては残っていない(公にはなっていない?)ようですが、挑戦者は皆、死を覚悟の上、臨んでいるようです。

 

ちなみに満行者(成功者)は戦後14人しかいませんが、そのうち1人は、2度も成功させるという偉業を遂げています。

 

千日回峰業の内容

天台宗の千日回峰行は、7年間にわたって行われます。

 

ただ7年間毎日というわけではありません。

最初の3年間(1~3年目)は年100日、次の2年間(4~5年目)は年200日、6年目は年100日、最後の7年目は年200日を荒行に費やします。

これらを合計すると1000日になるため、『千日』回峰行と呼ばれています。

 

1年目~5年目は約30kmを700日間歩く

千日回峰行の『回峰行』とは礼拝して回ることを意味します。

そのためひたすら礼拝のために『歩き回る』ことが、千日回峰行の特徴の一つです。

 

最初の5年間700日は一日約30kmの道のりを歩きます。

700日を終えると『堂入り』と呼ばれる最も過酷な行を行います。

9日間飲まず、食わず、眠らず、横にもならず、真言をただひたすら唱え、その回数は10万回に及びます。

 

この『堂入り』の生存率は50%とも言われていて、堂入り前には『生き葬式』をあげることからも、その過酷さは伝わってきます。

 

ちなみに人が飲まず食わずで、生存できる日数は、個人差がありますが、10日と言われています。

堂入りは眠ることもできないことを考えると、人間の極限を超えた行であることがわかります。

 

堂入り満行後は衆民のために回峰行

過酷な堂入りを終えた人は『阿闍梨(あじゃり)』と呼ばれ、再び回峰行を行います。

しかし、ここからは自分のためではなく、衆生を救うための回峰行です。

2年のうち、300日間を回峰行に費やします。

 

回峰行で踏破した総距離は?

こうして千日回峰行を終えた満行者は『北嶺大行満大阿闍梨(ほくれいだいぎょうまんだいあじゃり)』と呼ばれます。

ちなみに千日回峰行で踏破する距離は約4万kmです。

地球1周分の距離です(汗)

一日あたりの平均距離は約40kmとなるので、フルマラソンの距離を1000回歩いていると考えると、恐ろしい程に凄いですね(汗)

 

動画を発見しましたので、ご興味ある方はどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

インドのヨーガ

ヨーガと日本の関係

『ヨーガ』とは日本ではフィットネスとして有名な『ヨガ』のことです。

ただ一言に『ヨーガ』と言っても種類は様々あり、荒業と呼ばれるものは日本のフィットネスのものとは異なります。

 

気になる荒業内容は?

調べてみたものの荒業の詳細な内容は見つからず、唯一見つかったのが、コチラのブログ記事です。

https://www.google.co.jp/amp/sakunew.exblog.jp/amp/6794877/

 

この記事で紹介されているのは、ヨーガの一例だと思われますが、

  1. 地面に掘った穴の中に人が入る
  2. 穴に蓋をし、土をかける
  3. 3日間そのまま

一見すると3日間飲まず食わずで過ごすだけのようにも見えます。

ですが、実際にはそんなことよりも、酸素の方が大きな問題です。

 

三畳部屋程の空間というと・・・

深さ3m、床面積5.5m2と仮定して、ざっくり計算してみると、1日で酸素濃度は18%を切って酸素欠乏症になってしまいます。

2日で酸素濃度は16%を下回り一呼吸するだけで、脳機能に何らかの障害が生じます。

意識朦朧ですね。

 

即窒息死とまでは行きませんが、ゆっくりゆっくりと時間をかけて首を絞められるように息苦しくなっていくことを想像すると、その過酷さは想像を絶します。

 

日本の宗教とヨーガの関係

日本の宗教の中にもヨーガを取り入れている団体はあります。

その一つが【オウム真理教】です。

 

今の若い人は名前を聞いたことぐらいしかないと思いますが、『地下鉄サリン事件』を機に世間を騒がせ、日本を震撼させた宗教団体です。

多くの人がこの事件をきっかけに、新興宗教に対して『危険意識』を抱くようになったのではないかと思います。

このオウム真理教が取り入れていたのがヨーガです。

 

オウム真理教の事件もあって、ヨーガに対するマイナスイメージがついてしまいました。

日本でのヨーガは一時下火となりましたが、2000年に入ってからの健康ブームのおかげで、『ヨガ』がフィットネスの一つとして受け入れられるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

世界三大荒業に共通しているのは、【命を落としてもおかしくない】ということです。

実際、過去には死者も出ています。

 

なぜそこまでして自分を追い込むのか?

それは、生死の狭間に自分の身を置くことで、『生きることの尊さ』を身を以て体感し、生への感謝を深めるためではないでしょうか。

 

ちなみに私は修行僧ではありませんが、私的三大荒行があります。

それは・・・

『仕事、二日酔い、嫁の不機嫌』

、、、私の場合、この荒行を通して『生きることの尊さ』ではなく『生きることの苦しさ』を、身を以て体感しています(苦笑)

-世界の宗教
-

Copyright© 世界の宗教まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.