仏教知識

お経と念仏の違いとは【明確に異なる教えと誓い】

更新日:

念仏 お経 違い

日本人は無自覚の仏教徒とも言え、広義的には大半の日本人が仏教徒と言われていますが、日常生活の中で『仏教』を意識する人は少ないと思います。

 

そんな日本人が、仏教に触れる数少ない機会と言えばお葬式。

私も、お葬式に参列した際には『やはり日本人は仏教徒なんだな』と故人を偲びながらしみじみと感じています。

 

そういえば、お葬式で読み上げられる【お経】って何を読んでるのかご存知ですか?

そして『お経と念仏の違い』って何か知っていますか?

 

『お経と念仏』は、その名称は誰でも知っていますが、それぞれが何なのか、違いが何なのかを説明できる人は少ないのではないでしょうか?

今回は、
お経と念仏の違いとは【明確に異なる教えと誓い】
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

お経と念仏の違い

お経と念仏の違いは、平たく言ってしまえば・・・

  • お経とは:仏の教えを読み上げること
  • 念仏とは:仏に対する誓い

こうなります。

 

具体的には、お葬式で、僧侶が『うんたらかんたら~』と長く読み上げているのがお経で、『南無阿弥陀仏』という言葉が念仏になります。

 

一般的に念仏とは浄土系の宗派で唱えられるもの

念仏とは『仏のことを念じること』という意味です。

『広義的な意味の念仏』は様々な宗派でも用いられますが、一般的に念仏というと、浄土宗浄土真宗の念仏を指します。

浄土宗と浄土真宗の違いとは【南無阿弥陀仏】に秘められた思い

 

浄土宗や浄土真宗などの浄土系の宗派の特徴としては『専修念仏』ということが挙げられます。

これはひたすら念仏を唱えるということです。

 

浄土系の念仏とは【南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)】と唱えることを言います。

『南無=帰依する』『阿弥陀仏=仏様の名称』なので、その意味は『阿弥陀仏さまに帰依します=仏様のことを信じています』という意味になります。

 

つまり浄土系の宗派の念仏とは、『仏様のことを信じています』と唱えることなのです。

これは浄土系の宗派の教義が、『極楽往生するために必要なことは厳しい修行ではなく、仏に対する信仰心こそが重要』というものであるため、仏に対する信仰心を『南無阿弥陀仏』という言葉に込め、仏に対して誓いを立てているとも言えます。

 

スポンサーリンク

 

お経には様々な種類がある

一方、お経とは『仏の教え』のことです。

このお経とは各宗派の【経典】のことであり、宗派によって内容は様々あります。

 

仏教の各宗派の違いは様々ありますが、違いの一つとして教義の拠り所とする経典が違うということが挙げられます。

一例を挙げると『般若心経』『法華経』『阿弥陀仏経』などでが存在しています。

 

お葬式なんかのお経も宗派によっては違うのですが、一般の人からしたら、その違いを聞き分けるのは難しいですね(苦笑)

 

念仏と間違いがちなお題目

ちなみに念仏との違いがよく分かりにくいものとして、『お題目』というものもあります。

念仏が『南無阿弥陀仏』と唱えることに対して、日蓮・法華系の宗派では『南無妙法蓮華経』と【お題目】を唱えます

 

唱える言葉自体が似ていることもあり混同しがちですが、両者は異なっています。

念仏が『仏の名称』を唱えるのに対して、お題目では『経典の名称』を唱えています。

 

一般的にお経とは長い文章で、僧侶でもなければ唱えることは難しいものです。

お題目は、『経典の名称を唱えることで、簡易的にお経を唱えている』という意味があります。

これにより多くの人がお題目を唱えることで、お経を唱えることの代替ができる、ということなのです。

 

こう考えるとお題目は念仏というよりは、お経に近いものであるということが分かります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

『仏の教え』を読み上げるのがお経で、『仏を信ずる』と誓いを立てるのが念仏です。

念仏はともかく、お経となると一般の人には唱えることがなかなか難しいのですが、『お経を唱えるのも大事だけど、お経を唱えるために仏様の前に座ることが一番大事』という意見もあります。

仏教と言えば形式ばったお堅いイメージがありますが、大事なのは形式ではなく、気持ちと言うことですね。

-仏教知識
-, ,

Copyright© ワールドセクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.