宗派

鎌倉仏教『旧仏教との違いと新仏教の特徴』とは

鎌倉仏教 とは 特徴

 

飛鳥時代に日本に初めて伝えられた仏教は、奈良時代に確固たる地位を築きあげ、平安時代に『日本仏教の母』とも呼べる宗派が登場しました。

それぞれは『奈良仏教』『平安仏教』と呼ばれています。

『奈良仏教』その特徴とは【ライバル】平安仏教との違い

 

そして平安時代の次、鎌倉時代にも新たな宗派【鎌倉仏教】が登場しました。

この鎌倉仏教はそれまでの仏教と違う特徴を持っていて、これにより仏教は爆発的に普及することとなりました。

 

今回は、
鎌倉仏教『旧仏教との違いと新仏教の特徴』とは
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

大衆に開かれた仏教

鎌倉仏教とは『新仏教』とも呼ばれることがあります。

もしくは『鎌倉新仏教』とも呼ばれます。

 

一方、鎌倉仏教以前の、奈良仏教や平安仏教は『旧仏教』と呼ばれ、新旧の間では非常に大きな違いがあります。

それは旧仏教が厳しい戒律や学問を必要とし、僧侶になることが重要であったことに対し、鎌倉仏教の多くは『信仰心に重点を置いていた』ことにあります。

 

これは僧侶以外の『一般民衆』も、厳しい修行などしなくても仏の加護を受けられると説いたことが大きな特徴です。

その為、鎌倉仏教は多くの一般民衆に受け入れられ、仏教が『大衆化』しました。

現代においても、鎌倉仏教の宗派名は私たち一般人にも馴染み深いものが多いことからも、大衆に向けた宗派であることが分かります。

 

暴走する仏教

鎌倉仏教は、例えば浄土系であれば『念仏を唱えれば極楽往生できる』という教えであり、その手軽さから多くの民衆に受け入れられ、日本全土に広がることとなります。

 

しかし一方で、共通の思想を持った民衆が宗派の名の下で団結し、大名などの施政者に反乱を起こすこともありました。

それは当時、『一向宗』とも呼ばれていた浄土真宗です。

この一向宗が起こした反乱は【一向一揆】とも呼ばれ、全国各地で起こり、多くの大名たちにおそれられることとなります。

浄土真宗『東と西の宗派の違い』両者が分派した歴史的背景は?

 

奈良仏教で集中し過ぎた寺院の権力を分散させるために、平安仏教が始まり、その平安仏教が元となった鎌倉仏教で民衆が団結し、再び仏教が大きな力をつけてしまったというのが、何だか皮肉な感じもしますね(汗)

 

スポンサーリンク

 

鎌倉仏教6宗

鎌倉仏教の中でも特に有名な6宗派を鎌倉仏教6宗(新仏教6宗)と呼びます。

ちなみに、この辺りはテストに出るのでしっかり覚えて下さい(笑)

  • 浄土宗 :開祖 法然 本山 知恩院
  • 浄土真宗:開祖 親鸞 本山 西本願寺、東本願寺
  • 日蓮宗 :開祖 日蓮 本山 身延山久遠寺
  • 時宗  :開祖 一遍 本山 清浄光寺、無量光寺、日輪寺、金連寺
  • 曹洞宗 :開祖 道元 本山 永平寺、総持寺
  • 臨済宗 :開祖 栄西 本山 南禅寺、京都五山、鎌倉五山

せっかくなので覚え方として語呂合わせもあります。

【情報知らん、日蓮!1時にエリの同窓会】

  • 情法(浄土宗:法然)
  • 知らん(親鸞:浄土真宗)
  • 日蓮!(日蓮宗:日蓮)
  • 1時(一遍:時宗)
  • エリ(栄西:臨済宗)
  • 同窓会(道元:曹洞宗)

この手のゴロ合わせは、文章自体は意味不明ですが、何だか語呂が良く覚えてしまいますよね(笑)

 

鎌倉仏教以降の仏教

鎌倉仏教で大衆化したら仏教は、その後も色々と発展、分派、統合を遂げますが、日本の仏教史の中で奈良・平安・鎌倉時代が一番、仏教が発展を遂げた時代と言えます。

近代に入ってから発足した宗派は『新興宗教』と呼ばれることが多く、有名どころで行くと『創価学会』も仏教系の新興宗教です。

 

しかし新興宗教はどれも歴史が浅いため、社会の教科書に載るのは、まだ少し先ですね(笑)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

日本仏教三部作の最後の鎌倉仏教は、厳しい修行など必要なく【大衆にも受け入れられやすい】ということが大きな特徴です。

そのため多くの日本人の家の宗派は鎌倉仏教の宗派に属していることが多いのではないかなと思います。

 

ただ厳しい修行が必要ないのは【一般信者】で、鎌倉仏教の一つである日蓮宗の僧侶は、シャレにならないくらい厳しい修行を行っています。

その厳しさは『世界三大荒行』の一つに数えられるほどです(汗)

日蓮宗とは『日蓮正宗』との違いはドコ?【超過激】な修行の実態について

-宗派
-, ,

Copyright© ワールドセクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.