宗派

真言宗の宗派の違いまとめ『真言十八本山の分類』と『古義と新義の成り立ち』とは

更新日:

真言宗 宗派の違い

 

今回は日本の仏教13宗に数えられる【真言宗】について、少し詳しく説明していきます。

仏教の宗派まとめ【18宗と13宗の違い】とは

 

・・・とは言っても、私もまだまだ勉強中なので、上手に説明できるかは分かりませんが、素人だからこそ出来る『初心者にも分かる解説』を目指します(笑)

 

この真言宗は日本仏教の中でも、特に多くの宗派に分派しているということでも知られています。

今回は、
真言宗の宗派の違いまとめ『真言十八本山の分類』と『古義と新義の成り立ち』とは
についてお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

真言宗とは

真言宗は空海(くうかい)を開祖とする仏教13宗の1つです。

この空海とは『弘法も筆の誤り』で有名な、『弘法大師(こうぼうだいし)』のことです。

 

真言宗は現在、真言宗〇〇派というように、さらに細分化しており、主要なものだけで『18もの本山』に分派しております。

これらの本山のことを【真言十八本山】と呼びます。

 

真言宗は当初、『高野山金剛峯寺』を修禅の道場としました。
そして後に、空海は自らが管理していた寺を弟子たちに渡しました。

寺は弟子から弟子へ引き継がれました。
金剛峯寺と東寺を兼任し管理していた観腎(かんげん)が『東寺が本寺、金剛峯寺が末寺』と定める【本末制度】を導入しました。

 

仏教のちょっとした小話

真言宗の場合、本来なら修禅の道場として最初の寺であった金剛峯寺が本寺となるかと思いきや、末寺になってしまったのです。

 

このように日本の仏教の世界では、本寺と末寺の立場が入れ替わってしまうことがありました。

これらの『本』と『末』が入れ替わるということが【本末転倒】の語源と言われています。

 

真言宗と天台宗

真言宗と一緒に紹介されることが多いのが、天台宗です。

 

真言宗は天台宗と同時期に日本で開宗されました。

それまでの日本の仏教は『顕教系』と呼ばれ、真言宗や天台宗は『密教系』と呼ばれています。

 

同じ密教系ですが、特徴が異なるため、真言宗は東密、天台宗は台密と呼ばれています。

顕教と密教の違いは・・・

簡単に言うと顕教が『経典に示された仏の教え』を、そのままを伝える『文章通りの教え』であるのに対し、密教は『文章の真意まで読み取った教え』を伝える仏教という事です。

 

あまり簡単ではないですね(苦笑)

もう少し噛み砕くと『行間を読んだ仏教』と言うべきでしょうか。

この『行間を読む』ためには、仏教を深く勉強、理解しなくてはいけません。

 

そのため経典の文章にはそのまま表されていない『秘密の教え』と言う事で『密教』と呼ばれています。

 

 

真言宗内での各宗派の違い

同じ真言宗の場合、大きく思想が異なることはありません。

詳細は調べきれませんでしたが、ちょっとした作法や、お経を読むイントネーションが違うと言った程度の微妙な違いはあるそうですが、一般の人からしたら違いはわからないようです。

 

ただ各宗派の成り立ちを考えると、ちょっとした違いは見えてきます。

 

スポンサーリンク

 

古義真言宗と新義真言宗

現在の真言宗は大きく、『古義真言宗』と『新義真言宗』に分けることができます。

古義とは『古い教義』で、逆に新義とは『新しい教義』という意味です。

 

その言葉から分かるように、真言宗が日本に普及した『当初の教義を重んじている』のが、古義真言宗で、古義真言宗から分離したのが新義真言宗です。

 

真言宗の総本山となっている東寺と、修禅の地として真言宗が始まった金剛峯寺は、同じ僧が管理していました。

ですが、11世紀末に覚鑁が金剛峯寺の独立を図りました。

そして東寺から金剛峯寺は独立し、覚鑁が金剛峯寺の座主となるのですが、そこで覚鑁は新義を唱え、金剛峯寺のあった高野山で布教しようと考えたのです。

ただ金剛峯寺の他の僧から反発を受け、覚鑁は金剛峯寺の座主を辞し、根来山に隠居することとなります。

 

このことがきっかけで、『古くからの教義を重んじる金剛峯寺』と、『覚鑁の流れを汲む大伝法院』に、派閥抗争が生まれ、古義真言宗と新義真言宗に分かれることになってしまったのです。

 

古義を重んじた『金剛峯寺』は現在、『高野山派』の総本山になっています。

また新義を重んじた大伝法院が根来山に移り、根来寺ができました。
しかし根来寺は豊臣秀吉に焼き討ちにされてしまいます。

この焼き討ちから逃げた僧が新義真言宗を、長谷寺で広めたことから、後に長谷寺が『豊山派』の総本山となっています。

 

また根来寺にあった智積院を京都に再建して、後に智積院は『智山派』の総本山となっています。

 

歴史的な経緯から考えると、新義真言宗が始まった当初の流儀を1番色濃く引き継いでいるのが、豊山派ではないでしょうか?

 

古義真言宗と新義真言宗の違い

さて、そうなると気になるのが『古義と新義の違い』ですが、分かりやすい説明があったので、引用させて貰います。

 

古義真言宗では、ただひたすら「念仏」を唱えていれば、大日如来が現れて教えを説いてくれる・・・と言うもの。

新義真言宗では、念仏を唱えるだけではなく、三蜜加持によって、大日如来が加持身となって教えを説いてくれる・・・と言うもの。

引用:https://www.google.co.jp/amp/s/okwave.jp/amp/qa/q6184789.html

 

分かりやすいとは言ったものの、また難しい言葉が出てきましたね(笑)

 

『大日如来』とは真言宗において、最も上位の仏と位置づけられている信仰の対象です。

『三密加持』とは『印を組み、念を唱え、心を仏に向ける』という3つの『行』を行うことです。

『大日如来が加持身となって教えを説いてくれる』とは、自身のなかに大日如来が現れ教えを説いてくれるということです。

 

つまり、古義、新義の違いは、

  • 修行の作法が違う
  • 大日如来が教えを説いてくれる方法が違う

ということと言えるでしょう。

 

もう1つの真言宗

真言宗は古義、新義の2つに大別できると述べましたが、そこに更に1つ加えて3つに大別するという意見もあります。

それが【真言律宗】です。

 

この真言律宗に関しては、真言宗からの独立が認められているため、真言宗とは別宗派とする意見もあります。

ですが自ら『真言宗寺院』と掲げている寺院もあり、始まりは真言宗であったことから、真言宗の1つの宗派と捉える事もできます。

 

この真言律宗は、真言宗と、南都六宗の1つである律宗の考えを合わせた宗派であり、両者の中間のような存在と言えます。

 

真言宗の宗派

冒頭にも述べたように真言宗は現在、真言十八本山に分かれています。
各宗派と本山についてはwikipediaさんを引用させていただきます。

 

古義真言宗系

  • 教王護国寺 - 東寺真言宗総本山
  • 金剛峯寺 - 高野山真言宗総本山
  • 善通寺 - 真言宗善通寺派総本山
  • 随心院 - 真言宗善通寺派大本山
  • 醍醐寺 - 真言宗醍醐派総本山
  • 仁和寺 - 真言宗御室派総本山
  • 大覚寺 - 真言宗大覚寺派大本山
  • 泉涌寺 - 真言宗泉涌寺派総本山
  • 勧修寺 - 真言宗山階派大本山
  • 朝護孫子寺 - 信貴山真言宗総本山
  • 中山寺 - 真言宗中山寺派大本山
  • 清澄寺 - 真言三宝宗大本山
  • 須磨寺 - 真言宗須磨寺派大本山

新義真言宗系

  • 智積院 - 真言宗智山派総本山
  • 長谷寺 - 真言宗豊山派総本山
  • 根来寺 - 新義真言宗総本山

真言律宗

  • 西大寺 - 真言律宗総本山
  • 宝山寺 - 真言律宗大本山

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E8%A8%80%E5%AE%97

 

こうやって並べてみると古義真言宗の分派が多いのがわかります。
恐らく歴史が深い分、微妙なマイナールールが多く生まれたのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

弘法大師が開いた真言宗は、今では多くの宗派に分かれて全国に広まっています。

それらの宗派は古義真言宗、新義真言宗、真言律宗に分類することができます。

 

真言宗は日本仏教の中でも、多くの宗派に細分化されています。

ただ、その違いは一般人にはほとんど分からない程度のものなので、お葬式の際の作法など、特別気を遣う必要はないのかなと思います。

-宗派
-, ,

Copyright© ワールドセクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.