宗派

仏教の宗派の特徴まとめ|13宗と18宗の違いとは?

仏教 13宗 18宗 宗派

あなたの「宗派」はどちらですか?

日本において信徒が大勢いる宗教である仏教。

仏教と一言でいっても多くの宗派が存在しています。

そして各宗派によって特徴があるのです。

今回は仏教の宗派についてまとめます。

 

スポンサーリンク

 

 

仏教13宗と18宗

現代にも引き継がれている、日本の伝統仏教の宗派は「13の宗派」と言われています。

それらをまとめて「13宗」と呼びます。

ちなみにもっと細かく分けると正確に書くと「13宗56派」と、もっと数えきれないほど・・・

現存の「13宗」に至るまでには、かつては存在してしていたが、途中で衰退してしまった宗派なども多くあります。

過去にも存在していたメジャーな宗派も数えると18の宗派となります。

それらはまとめて「18宗」と呼ばれています。

 

さらに、この18宗についてはいくつかの系統に分類することができます。

 

スポンサーリンク

 

仏教の主な宗派18宗

日本の仏教を系統に分類すると大きく6つに分けられます。

仏教の系統

  1. 奈良仏教系
  2. 密教系
  3. 法華系
  4. 浄土系
  5. 禅系
  6. 修験道系

※諸説あります
順に見ていきます。

 

1.奈良仏教系(南都六宗)

主に日本に仏教が伝わった初期に繁栄した系統です。

奈良時代に始まった宗派のことを「奈良仏教」と呼んでいます。

奈良仏教の中でも特に栄華を極めた宗派が6つあります。

それら宗派は「南都六宗」と呼ばれています。

 

2.密教系(平安二宗)

「密教」というとアンダーグラウンドな響きですが、そういうわけではありません。

一言でいうなら、それまでの仏教で語られる仏の教えを、更に深読み、発展させた仏教といえます。

ちなみに平安二宗とは真言宗、天台宗のことを言います。

 

3.法華系

密教の中でも台密と呼ばれる天台宗から派生した系統です。

 

3.浄土系

天台宗の恵心僧都(えしんそうず)の浄土思想を発展させた系統です。

浄土系

 

4.禅系

禅に重きを置いた系統です。

禅系

 

修験道系

仏教、密教、山岳信仰などを合わせて解釈した日本独自の系統です。

 

スポンサーリンク

現在の13宗一覧

18宗あった宗派ですが、廃止や衰退、分派の影響で現在は13宗になります。

現在の13宗は以下の通りです。

13宗

  1. 法相宗
  2. 華厳宗
  3. 律宗
  4. 真言宗
  5. 天台宗
  6. 日蓮宗
  7. 浄土宗
  8. 浄土真宗
  9. 融通念仏宗
  10. 時宗
  11. 臨済宗
  12. 曹洞宗
  13. 黄檗宗

 

まとめ

今現在、日本仏教の主流は13宗です。

文献によっては14宗とすることもあるようですが、一般的には13宗が主流ではないでしょうか。

 

この13の宗派が広まったきっかけには、日本の歴史、とりわけ政治的な側面も関係しています。

「宗教」と「国」がいかに密接な関係にあるのかを改めて感じますよね。

世界でも宗教問題で戦争/紛争に発展するということは珍しくありません。

宗教観念の低い日本人からしたら「なぜ宗教ぐらいで戦争?」と感じてしまうかもしれません。

しかし、信仰という概念は国を動かすぐらい強いものなのです。

サイト運営者の米陀(よねだ)です

ワールドセクトアイコン黒

米陀@beer_whiskey1と申します。

私自身はもともと無宗教でしたが、ふとしたことで仏教徒(かなりライト目)になりました。

かねてより宗教については興味がありましたので、情報をまとめて発信しています。

記事内容でお気づきのことなどありましたら、お気軽にご連絡ください。

お問合せからでもツイッターからでも大丈夫です。

-宗派
-, , ,

Copyright© ワールドセクト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.