宗教知識

香典の金額・相場を徹底調査|意外と知らないマナーをご紹介!

香典 相場 金額

葬式や法事で持参する、香典。

  • 「香典にはどのくらいの金額を包むのが正しいの?」
  • 「香典を用意するときに気を付けるべきマナーって?」

普段は意識しないものだからこそ、いざ必要に迫られると困ってしまいますよね。

 

そこで今回は、香典の相場と、お金を包む時のマナーをまとめてご紹介します!

ということで、
香典の金額・相場を徹底調査|意外と知らないマナーをご紹介!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

 

香典の相場

香典はいわゆる「お気持ち」です。

金額に明確な決まりはありません。

とはいえ、ある程度の基準が欲しいですよね。

 

そういった時のために、相場をまとめました。

香典の相場は「自分と故人との関係性」によって変動します。

血縁関係のある身内や、故人直属の上司は包む金額が多くなります。

一方で、仕事関係の知人や近所の人など、比較的遠い関係だと金額の相場は下がります。

 

「葬式」で用意する香典の相場

葬式で包む香典の目安は以下になります。

  • 両親:5~10万円
  • 祖父母:1~3万円
  • 親戚(おじ・おば): 1~3万円
  • 仕事の関係者・友人:5,000円~1万円
  • 顔見知り・近所の人:3,000円~1万円

 

範囲の広い相場になってしまい恐縮です。

「自分と故人との関係性」が深ければ深いほど、相場の中でも高い金額を包むと考えてください。

 

例えば、友人と一言でいっても関わりの深い仲であれば、大きな金額を包みたいと感じるでしょう。

ただし「香典は多ければ多いほど良い」というものではありません。

あまりに大きな金額を渡してしまうと、遺族の方が香典返しの際に困ってしまうので、注意が必要です。

 

その他の基準としては、「自分の年齢」も考慮にいれましょう。

若者よりも、年を重ねた人の方が比較的多く香典を包む傾向があります。

 

「法事」で用意する香典の相場

法事は儀式的な部分の「法要」と、その後の「会食」に分けられます。

法要だけの参列であれば1万円前後が相場です。

 

ただし、法要後の会食に参加するのであれば、食事の分の金額も考慮する必要があります。

遺族の方に負担を掛けてしまわないような額を包むことが望ましいでしょう。

会食込みの場合は、2~3万円程度が相場と言われています。

 

スポンサーリンク

 

気を付けたい香典のマナー

ここからは、香典を送る際に気を付けるべきマナーをご紹介します。

地域の慣習によって、細かいマナーは変わることがありますが、一般的に常識とされている対応を覚えておくと恥をかかずに済みます。

確認してみてくださいね。

 

香典で避けるべき数字

「4」や「9」といった数字は避けるのがマナーです。

「死」や「苦」を連想させてしまうためですね。

また、「偶数」を避ける傾向もあります。

縁起が良い数字は、奇数とされているためです。

 

そこで、金額は「1」・「3」・「5」といった数字に合わせるのが一般的です。

つまり、三千円・五千円・一万円・三万円・・・といった数字が好まれます。

(ただし、例外として二万円は認められていることも多いようです。)

 

ピン札はNG!

香典にピン札を用いるのはマナー違反です。

前もって準備していたような印象を与えてしまうからです。

ピン札しか手元にないときは、お札に折り目を付けてから包むようにしましょう。

 

とはいえ、汚れたお札や、シワのたくさんついたお札も良くありません。

故人に供えるものとしてはばかられるような、傷みのはげしいお札は避けるようにするのがマナーとなっています。

 

お札の向き

お金を入れる時のお札の向きについては、諸説あります。

地域によって異なるので、周りに知っていそうな人がいたら聞いてみると確実です。

 

しかし、仮に逆向きだったとしても、さほど失礼にはあたらないというのが一般的な見解になっています。

お札が2枚以上になる場合は、同じ向きになるようにするという点だけ気を付けましょう。

 

香典の渡し方のマナー

香典を渡す際は「香典袋」に入れて渡します。

香典袋とは、一番外側の水引きのあるもののことです。

この中に「中袋」があり、中袋に現金をいれます。

 

香典袋の表書きは、宗教や宗派ごとに異なるので注意が必要です。

「御霊前」「御香典」「御香料」、まれに「ご香料」などを用います。

※香典袋を購入すれば、説明書きがあるのが普通なので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

 

一番無難なのは「御霊前」です。

浄土真宗を除けば、神道やキリスト教も含めたほとんどの宗教・宗派で用いることができます。

 

しかし気を付けてほしいのは、命日から49日以後は「御仏前」になるということです。

「人は亡くなると霊となり、四十九日法要を迎えると成仏(仏に成る)して極楽浄土へ向かう」と考えられているためです。

葬式では「御霊前」を用い、四十九日法要以降は「御仏前」に切り替えるよう気を付けましょう。

 

現金を入れる中袋には、

  • 氏名
  • 住所
  • 香典の金額

を記入します。

これは遺族が香典返しを送る際に必要な情報なので忘れずに記入しましょう。

うっかり忘れてしまうと、遺族の方に調べる手間を取らせてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

香典の相場をまとめてきました。

包む金額は「自分と故人との関係性」や「自分の年齢」によって変動します。

遺族の気持ちを考え、多すぎて気を遣わせたり、少なすぎて負担をかけてしまったりしないようにしたいですね。

その仏壇、適正価格ですか?

冠婚葬祭関連サービスは、客の知識がうといことをいいことに、ぼったくりが横行している業界です。

ふらっと入ったお店で、そのまま購入しようとしていませんか?

もし、そんなことを考えているならば・・・

この情報化社会の中で時代錯誤もいいところですよ。

事前情報をしっかりと精査して、ぼったくり被害に遭わないようにしましょう。

「でも、そんなこと言ったって、どうやって調べればいいの!?」

ですよね。

一軒一軒話を聞いて回っていたら、49日など、あっという間に過ぎてしまいます。

そんな時に便利なサービスがあるのです。

鎌倉新書のいい仏壇です。

全国対応の、こちらのサービスでは、以下のことが可能です。

いい仏壇の特徴

  • 全国各地の仏壇店情報
  • 仏壇店の特徴
  • 口コミ評判のチェック
  • 各店の特典やキャンペーン情報
  • 実際の商品画像
  • 商品購入後のクーポン券プレゼント
  • etc

要は、分かりやすく言い換えると・・・

食べログやホットペッパーなどの、仏壇店バージョンと言うことができるでしょう。

飲食店を探す時に食べログなどを参考にしたことはありますよね?

それと同じ感覚で、仏壇店を探すことができるのです。

全国対応のいい仏壇

相場のわからない仏壇でぼったくり被害に遭わないために。適正価格を知って安心安全な仏壇店を探しましょう。簡単に使える便利ないい仏壇で評判を比較して大切なあの人のために、最後にできることをしてあげましょう。

-宗教知識
-, ,

Copyright© ワールドセクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.