スポンサーリンク




仏教知識

仏教世界における地獄とは|苦しみの8つの世界について

更新日:

地獄 仏教

あなたは「地獄」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?

舌を抜かれるとか火に焼かれるなどの話を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

実は、地獄の苦しみはそんなものではありません。

ぎょっと驚くような苦しみが、生前に犯した罪の重さに従って待ち受けているのです。

ということで、仏教世界における地獄とは|苦しみの8つの世界についてお送りします。

>>>キリスト教における地獄とは|死後の2つの世界

 

スポンサーリンク

 

 

地獄とは

そもそも地獄とは何でしょうか。

意味についてみていきましょう。

 

地獄の語源

地獄の元となる語は、サンスクリット語の「ナラカ」という言葉です。

これは「苦しみの世界」という意味の言葉

この言葉が中国に伝わり「地獄」と表現されるようになりました。

 

現在でも「奈落の底」という言葉がありますよね。

この「奈落」とは、サンスクリット語のナラカからきていると言われています。

 

仏教における地獄

では、仏教における地獄とはどのような世界なのでしょうか。

仏教では、人間は死後、六道と呼ばれる6つの苦しみの世界の中で輪廻転生を繰り返すとされています。

>>>六道輪廻の意味を分かりやすく解説|極楽浄土と仏教とは

 

地獄とは、その六道のうちの1つである「地獄道」のこと。

地獄道とは、この六道において一番苦しい世界

生前にかなりの罪を犯した極悪人が行く世界とされています。

 

地獄の8つの世界

一括りに地獄と言っても、その中にはいくつもの苦しみの世界が段階に分けられて存在しています。

  1. 等活地獄
  2. 黒縄地獄
  3. 衆合地獄
  4. 叫喚地獄
  5. 大叫喚地獄
  6. 焦熱地獄
  7. 大焦熱地獄
  8. 無間地獄

それぞれの世界を詳しく見てきましょう。

 

1.等活地獄(とうかつじごく)

8つの地獄の中で最も苦しみの軽い地獄。

生き物を殺した者が落ちる地獄です。

 

この生き物とは、生きているもの全て。

つまり、虫などを殺してもいけないという厳しい基準です。

 

この世界は、鉄の爪のようなもので死者同士が殺し合いを続ける世界。

お互い肉が無くなるくらいまで争わなくてはなりません。

 

しかし、肉が無くなっても終わりではないのがこの地獄の苦しいところ。

なんと風が吹いてくるとまた体が基に戻るようになっているので、また終わらない戦いを始めなくてはならないのです。

 

2.黒縄地獄(こくじょうじごく)

この地獄に落ちるのは、殺生と盗みを犯した者。

鬼たちに焼けた鉄の上に押し倒されたり、焼けた鉄縄で身体を打たれたりする地獄です。

また、険しい崖の上から刀の生えた地面に突き落されるなどの罰も待ち受けており、ここでは等活地獄の10倍もの苦しみを味わうとされています。

 

3.衆合地獄(しゅうごうじごく)

殺生・盗みだけでなく、邪淫の罪も犯した者が落ちる地獄です。

2つの鉄の山に挟まれたり、鉄臼で餅のようにつかれたりします。

他にも、葉が刃物になっている木の上から女性に呼ばれ、木を登ると今度は木の下に女性が現れ、そうこうして翻弄されているうちに身体がズタズタに切り裂かれてしまうという罰も。

 

この衆合地獄は、黒縄地獄の10倍の苦しみを味わうとされています。

 

4.叫喚地獄(きょうかんじごく)

殺生・盗み・邪淫に加え、飲酒もした人が落ちる地獄です。

ここでは、鬼に鍋の上に投げ込まれ、煮たり焼かれたりします。

それだけでなく、口から銅を流し込まれて内蔵を焼かれる罰も存在します。

※閻魔大王も口から銅を流し込まれる責め苦を受けていることをご存知ですか?

>>>地獄の番人閻魔大王とは|インド神話における起源と役割

 

この地獄が叫喚地獄と呼ばれるのは、人々が苦しみもだえるため。

この叫喚地獄も、衆合地獄の10倍の苦しみを味わうとされています。

 

スポンサーリンク

 

5.大叫喚地獄(だいきょうかんじごく)

この地獄は殺生・盗み・邪淫・飲酒の他に、嘘をついた者が落ちる地獄。

舌を抜かれる、焼けた針で舌を刺されるなど、舌や口の中を主に攻められます。

こちらも叫喚地獄の10倍の苦しみが待ち受けているとされています。

 

6.焦熱地獄(しょうねつじごく)

殺生・盗み・邪淫・飲酒に加え、邪見の罪を犯した者が落ちる地獄です。

邪見とは正しくない仏教の教えを説くこと。

 

この地獄の特徴は、名前の通り体を徹底的に焼かれること。

焼き鳥のように串刺しになって焼かれるところもあれば、いったんミンチのようになってから焼かれるところもあるのだとか。

この地獄の火に比べると、今までの地獄が涼しく感じる程だと言われています。

 

7.大焦熱地獄(だいしょうねつじごく)

これまでの罪に加え、尼などの清い者を殺害した者が落ちる地獄。

至る所が燃えている世界で、たきぎのように焼かれ続けます。

刑の内容は焦熱地獄とあまり変わりませんが、味わう苦しみは10倍以上です。

 

8.無間地獄(むげんじごく)

地獄の中で最も苦しい世界。

これまでの罪に加えて、父母や聖者の殺害などの重罪を犯した者が落ちる地獄です。

考えられないほどの苦しみが待ち受けているので、別名「阿鼻地獄」とも呼ばれます。

 

地獄の中で最も深いところにあり、鬼に穴に落とされてからこの無間地獄に落ちるまで、2000年もかかるのだとか。

到着すると熱い鉄の山を登らされたり、虫に身体を食べられたりします。

 

無間地獄の語源は、苦しみが絶えずやってくることから。

苦しみが強すぎて他の地獄が楽に思えるような世界と言われています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

「地獄絵図」「借金地獄」など、苦しみの中にある状態を表現する言葉としても使われている地獄。

その実態は、想像以上の苦しみが待ち受けている世界でした。

 

思った以上に厳しい罰が待ち受けている地獄。

地獄の苦しみを味わわずに済むように、罪を犯さないようにすることはもちろんのこと、日頃から常に良い行いを心掛けたいですね。

>>>キリスト教における地獄とは|死後の2つの世界

-仏教知識
-,

Copyright© 世界の宗教まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.