広告 日本の宗教

榊(さかき)の意味とは|由来と使われる宗派まとめ

榊とは 意味 由来 宗派

日本の神道に欠かせない植物「榊(さかき)」について、その種類や供え方、購入時のポイントを解説します。

榊は、古来より神聖な植物とされ、神棚や神事には欠かせないお供え物です。この記事では、榊の植物としての特徴や、名前の由来、さらには榊の種類や見分け方について詳しく説明します。

なんとなくは知っていても、なぜ神道に使われるのか、どういう意味があるのか、詳しくご存知の方は少ないことでしょう。

今回は榊の意味や由来、宗派などを紹介します。

また、神棚に榊を供える際の方法や、交換時期、購入する際の注意点など、関連する情報もお伝えします。

榊についての知識を深めることで、神道の理解や神棚のお手入れがさらに大切なものとなるでしょう。本記事が、あなたの榊に対する興味や関心を満たすお手伝いができれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

 

神道に欠かせない榊(さかき)とは?榊の供え方や購入時の注意点などについて徹底解説!

榊は神道において重要な役割を果たす植物で、神棚や神社でお供え物として使われます。榊の供え方や購入時の注意点、その他様々な情報を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

はじめに

神道は日本の文化と深く根ざし、その中でも榊は神聖な植物とされています。榊の基本的な知識や供え方、購入時の注意点などをご紹介し、神道に関する理解を深めましょう。

榊(さかき)とはどんな植物?

榊は常緑樹であり、全国各地に自生しています。葉はギザギザの縁取りが特徴で、神聖な力を持つとされています。神事や神棚のお供えに用いられ、日本の古来から大切にされてきました。榊について更に詳しく知りたい方は、本記事をお読みください。

榊の名前の由来

榊は、日本において神聖な植物とされ、神事やお祀りの際に用いられることが多いです。榊の名前の由来については、いくつかの説がありますが、その中で一般的なものをご紹介します。

一つ目の説は、榊の葉がギザギザであることから、「サキ」(先)に「ヒサ」(ひき)という意味がある「ヒサカキ」と呼ばれたことが始まりとされています。ヒサカキは、後に「サカキ」という表記に変化したと言われています。

また、二つ目の説は、榊が全国各地で自生しており、地域の神様と深い縁があることから、「サカ」(坂)と「キ」(木)を組み合わせた「サカキ」という名前がつけられたとされています。いずれの説も、榊が日本古来から神様と深い関係があることを物語っています。

榊には2種類のタイプが存在

榊には一般的に「本榊」と「ヒサカキ榊」の2種類があります。それぞれの違いと特徴について解説します。

  • 本榊:西日本を中心とした暖かい地域に自生。関東以北の寒冷地では、本榊に似た「ヒサカキ榊」が代用されます。お供え物や神棚に置かれることが多い。
  • ヒサカキ榊(非榊・姫榊):関東地方以北でよく使われます。本榊より葉が小ぶりで、葉先がギザギザしているのが特徴。

いずれの榊も常緑小高木で神社の境内によく植えられています。

また、地域によっては、椿、松、杉、樫、山茶花、楠などの、本榊以外の植物を代用する場合もあります。近年では、安価な海外産輸入榊の使用も増えています。植物が傷みやすい夏場などは、造花榊や榊のプリザーブドフラワーをお供えに使用することもあります。

どちらの榊も、神事や神棚、神社でのお供え物として重要な役割を果たしていますが、地方や家族の習慣によって用いる榊が変わることがあります。

神事における榊

神が依り代として降りるといわれ、古くから主に神棚や祭壇、神事に使われています。

神社でのお祓いの時に神主さんが手に持って振る木が榊です。

お祓い等の祭事に使うときは白紙を折ってつくられた紙垂(しで)をつけた榊を用います。

字に神が使われているのも神道で用いられているからですね。

神事で榊が供えられる理由

神事やお祀りで榊が供えられる理由には、いくつかの点があります。その中から、重要な要素をいくつか挙げて説明いたします。

まず、榊の葉は常緑樹であり、一年を通して緑豊かであることから、榊は「長寿」や「繁栄」を象徴する植物とされています。これが、榊がお供え物として好まれる理由の一つです。

また、榊の葉にはギザギザの形状があり、この形が邪気を払う力があるとされています。神事では、邪気を払い、神様に心のこもったお供え物を捧げることが大切であるため、榊が選ばれることが多いです。

さらに、榊は古来より日本各地に自生しており、地域の神様や自然と深い縁があります。そのため、神様への敬意を表して、榊が用いられることが一般的となっています。

これらの理由から、神事やお祀りで榊が供えられることが多いです。なお、榊を購入する際には、用途や価格、取り扱いに注意が必要です。様々な種類や用品が販売されているため、自分に合った榊を選ぶことがおすすめです。

榊の由来

代表的な語源は2つ。

  1. 境木
  2. 繁木

『神と人との境にある「境木(さかき)」とする説』と、『常緑樹でさかえる(繁)ことから「繁木(さかき)」とする説』ですね。

ただ、これだけにとどまらず、諸説が伝わっています。

神事などでの榊の供え方

神事において、榊は神様へのお供え物として重要な役割を果たしています。榊の供え方にはいくつかのポイントがありますので、以下に具体的な方法を説明いたします。

まず、榊を植物のまま使用する場合、適切な大きさに切りそろえましょう。榊は常緑樹であり、神聖な気を持つとされています。そのため、綺麗な緑の葉を選ぶことが大切です。また、葉にギザギザが無いことや、枝が綺麗に整っていることも重要です。

次に、神事において供えられる榊には、白い御幣(紙垂を束ねたもの)がつけられることが一般的です。これは神様への敬意を示すためです。御幣は榊の枝に適切な位置に結びつけるか、または専用の器に添えて供えましょう。

最後に、榊を神棚や仏壇に供える際のポイントを説明いたします。供えられる榊は、神棚の前や仏壇の脇に立てかける形で設置されます。通常、榊は神道での使用が多く、仏教ではあまり用いられませんが、地域や家族の習慣によっては仏壇にも供えることがあります。榊を供えた後は、清潔な水をお供えし、日頃の感謝を伝えるお参りを行いましょう。

スポンサーリンク

榊を交換する時期

榊は神棚や仏壇に供えられた後も、時期によって交換が必要となります。一般的な榊の交換時期は、主に以下の二つの時期が挙げられます。

- 新年: 一般に榊は新年に交換されます。これは、新しい年を迎えるにあたって神様に新鮮な気を捧げ、無病息災や家内安全を願うためです。

- 月ごとの交換: また、月に一度のお参りの際に榊を交換する家庭もあります。これは定期的に新しい気を供えることで、神棚の清浄さを保つためです。

しかし、榊の交換時期は地域や家族の習慣によって違いがありますので、自分たちの状況に合わせて適切な時期を選ぶことが大切です。

榊を購入するときの注意点

created by Rinker
源治屋
¥2,190 (2024/03/01 15:50:48時点 Amazon調べ-詳細)

榊を購入する際には、いくつかの注意点がございます。以下に詳しく解説いたします。

1. 品質: 購入する榊の品質に注意しましょう。葉が綺麗な緑であること、枝が整っていること、葉にギザギザが無いことなどが重要です。また、榊は生きた植物ですので、元気なものを選ぶことも大切です。

2. 価格: 榊の価格は様々ですが、適切な価格帯を選ぶことが大切です。ただし、安価なものだからといって品質が劣っているわけではありませんので、予算に合わせて選びましょう。

3. 動植物防疫法に関する問題: 都道府県によっては、榊に関する動植物防疫法が適用される場合があります。これは榊に寄生している害虫や病気を広げる恐れがあるためです。購入する際は、リスクを理解し、適切な方法で植物を選ぶことが大切です。

4. 購入方法: 榊は神社やお寺、用品店などの実店舗で購入できますが、インターネット通販の利用も増えています。どちらの方法を選ぶかは、自分にとって一番手軽で安心できる方法を選ぶことがベストです。

以上の点に注意しながら、最適な榊を購入し、神様や仏様に感謝の気持ちを伝えましょう。

榊と「しきみ」の違い

しきみ

しきみ

榊とよく似た見た目の宗教用の樹木として、樒(しきみ)が存在しています。

見た目はよく似ていても、よく見ると葉の形などはまるで異なりますし、樒は香木なので香りがあり、榊とは全くの別ものです。

樒はおもに仏教、宗派では日蓮正宗や創価学会の仏事や仏壇に用いられます。

榊を使う宗派

全国の神社で神事や祭壇で用いられることがほとんどです。

要は神道系の宗教ということですね。

 

また、新興宗教においても神道の流れをくむものなどには用いられることがあります。

主なものは天理教や金光教などですね。

両派とも神棚にある榊立てに3~5本を束ねた榊を入れて飾ります。

スポンサーリンク

榊には姫榊と真榊の2種類。見分け方と神事や神棚に欠かせない訳

榊は日本の神事や神棚において重要な役割を果たす植物で、その存在は古来より神聖視されています。榊には姫榊と真榊の2種類があり、見分け方やそれぞれの特徴を知ることで、神事や神棚に適切な形でお供えすることができます。

この記事では、榊の種類とその見分け方を解説し、神事や神棚に欠かせない理由をお伝えします。どちらの榊を用いるべきか迷われる方も、この記事を参考に正しい知識を身につけることができます。

榊の種類と見分け方

本榊 真榊

本榊 真榊

姫榊

姫榊

榊には2種類あり、姫榊と真榊と呼ばれています。見分け方は主に葉の形状です。姫榊の葉は縁にギザギザがあり、全体に小ぶりで可憐な印象を与えます。一方、真榊の葉は大きく、葉先が尖っており、縁にはギザギザがありません。

そもそも榊の由来は、神様が降臨する際に立っておられる木であり、風を通さず、緑が濃く、常緑で綺麗な形が好まれます。そのため、神事や神棚でお供えする際には、榊の種類に応じて適切なものを選ぶことが大切です。

姫榊は地方によってはツバキとして知られており、関東地方などでは一般的に姫榊が用いられます。一方で真榊は九州や四国地方で用いられることが多く、地域によって用いられる榊が異なることもあります。

榊の選び方には注意が必要で、神事や神棚にお供えする場合は、自分の地域に合った種類の榊を用意することが重要です。また、どちらの榊を使用すべきか分からない場合は、お近くの神社や仏壇店に相談し、正しい知識を持って選びましょう。

神棚に榊が供えられる理由

榊(サカキ)は、神道において神聖な植物とされ、神様の依代(よりしろ)として神棚にお供えされます。その理由は、榊が古来から日本の神事や神社で用いられてきた歴史と、その独特な形状や特徴から来ています。

榊は常緑樹であり、一年中緑の葉を持っています。これは、神様がいつでも実在し、その力が常にあることを象徴しています。また、榊の枝には、ギザギザとした葉が並んでおり、その形状が神聖さを感じさせ、神様に近い存在とされています。

さらに、榊は日本全国で自生しており、地域によって様々な種類が存在します。そのため、各地方の神様に合わせて様々な榊が用いられることになり、地域性や縁も大切にされています。榊は神事や神社において欠かせない存在であるため、神棚にもお供えされるのです。

榊の購入で参考になること

榊を購入する際に参考にしたいポイントは、以下の通りです。

- 種類:自分が住む地域に自生する榊の種類や、神社で用いられる榊を選ぶのが一般的です。九州や四国ではツバキが、関東や中国地方ではヒサカキがおすすめです。

- 形:枝がまっすぐで、葉がギザギザと並んでいる榊が好まれます。また、榊の葉は対生し、中央に線が入った形が良いとされます。

- 価格:予算に合わせて選ぶことも大切ですが、できるだけ良い品質のものを選ぶことが肝心です。

- 購入場所:神社やお土産店、インターネットショップなどで榊を購入できますが、信頼できる場所から購入することが重要です。

以上のポイントを踏まえて、榊を選ぶ際には、しっかりと見極めをして購入しましょう。

榊を交換する時期と交換方法

榊は、おおよそ1ヶ月ごとに交換することが望ましいとされています。また、節目の神事の際にも交換することが一般的です。交換時期には、以下の方法に従って行います。

まず、古い榊を神棚から外し、新しい榊を用意します。新しい榊の枝先に、水を張った容器に浸けておき、水が切れるまで待ちます。その後、新しい榊を神棚に供える前に軽く手を清め、古い榊と新しい榊を交換します。交換後、古い榊は慎重に扱い、できるだけ早く神社に持って行って供養をお願いしましょう。

これらの手順に従って、榊を交換することで、神様への敬意を示し、神棚を清潔に保ち、家族の平穏な暮らしを願うことができます。

神道で榊が使われる場面

神道において、榊は非常に重要な植物であり、様々な場面で利用されています。神棚や神社でのお供え物として用いられるほか、神事や祭りの際にも欠かせない存在です。

例えば、神社の境内には、榊を使った絵馬や神籬、神旗などが見られます。また、お祭りの際には、神輿や神棚の飾り付けに榊が用いられることが一般的です。

その理由は、榊が神聖な植物とされていることに由来します。古来から日本の神道では、自然界に宿る神々を敬い、樹木や森が神聖視されてきました。この神話の中で、榊は神々と特別な縁があると言われています。

そんな榊の特徴の一つに、常緑樹であることが挙げられます。その緑の葉は、一年中美しく変わらぬ姿を見せるため、神々の恩寵や生命力を象徴しているとされます。また、その葉の形にも意味があり、ギザギザの縁は神々が宿ることを表しています。

その他にも、榊は神道に関連するさまざまな風習に登場します。例えば、榊を使ったお守りやアクセサリーは、古来より人々の間で広く用いられてきました。また、神事の際に、榊に神霊が宿るとされるため、神々と人間とのコミュニケーションを円滑にするために重宝されています。

きれいな榊を神棚にお供えしよう

神棚に榊をお供えする際は、きれいなものを用意しましょう。まず、枝がまっすぐで葉が青々としたものが良いとされます。また、葉に虫食いや枯れがないことも重要です。

榊を神棚にお供えする方法としては、まず榊を水に挿し、根が出るのを待ちます。根が出たら、神様に捧げる前に葉を綺麗に拭き、小さな鉢に植え替えます。鉢には砂や土を入れて、榊が立っている姿を保ちましょう。

最後に、神棚の真ん中あたりに榊を置き、お供え物として神様に捧げます。

榊に関するまとめとおすすめ情報

この記事では、神道における榊の意義や利用シーン、神棚へのお供え方について解説しました。榊は、日本古来の神道文化において重要な役割を果たしてきた植物です。神棚に榊をお供えすることで、神々とのつながりが強まるとされています。ぜひ、この知識を活かして、自分の神棚にも榊をお供えし、神々との絆を深めてください。

さらに詳しい情報や榊に関するおすすめ商品を知りたい方は、当サイトの他のページも合わせてご覧いただくことをおすすめします。どうぞお楽しみいただければ幸いです。

  • 榊は神が依り代として使うことから神事に使われる木となった。
  • 榊は神社や神道、「しきみ」は仏教で用いる。
  • 使う宗派は天理教や金光教など。

見た目が良く似ているからといって、神棚用に誤ってお樒を買わないようご注意くださいね。

しきみとは|使う宗派と意味『由来には諸説アリ』

-日本の宗教
-, , ,